格安SIMに乗り換える前のチェックポイントを確認しよう。

xperiam

格安SIMが少しずつ浸透していく中で、

そんなにお得なら自分も・・・と思った方!!

乗り換え前のチェックポイントをしっかり確認しておきましょう!

 

ポイント①「連絡先の変更、LINEのアカウント引継ぎ/バックアップ」

格安SIMでは、キャリアメール「~@docomo.ne.jp」「~@softbank.ne.jp」が使用できなくなってしまうので、キャリアメールのみでやりとりしている友人や、通知設定などは格安SIMに乗り換える前に変更しておきましょう。LINEのアカウントの引継ぎ・バックアップの方法は「LINE公式ブログ」でも公開しております。また、利用する格安SIMが「SMS(ショートメッセージサービス)」の対応をしているかも確認しましょう。SMS対応であれば、LINE引継ぎ時の認証がスムーズに行えます。

 

ポイント②「契約期間やMNP転出料は要確認!」

大手キャリアでよく言われている最低利用期間の”しばり”は、MVNO各社でもあります。

大手キャリアと比べると緩いですが、通話SIMの場合、短期MNP転出を抑制するため「最低利用期間」を設ける会社もあります。”しばり”がない・最低利用期間が短いところでは、MNP転出料が高額に設定されている場合もあるので、注意が必要です。

 

ポイント③「テザリング機能を使う人は要注意!」

SIMフリー端末は自由にテザリング機能を利用できるので心配ないですが、大手キャリアの端末を使用して格安SIMを利用しようとしている方は注意が必要です。iPhoneではキャリアとMVNO業者によって対応可能なケースはありますが、Android端末の多くは対応していない場合が多いです。普段からテザリング機能をよく使用する方は、MVNO各社のホームページで事前に確認しておきましょう!もしくはSIMフリースマホを選ぶのが賢明かもしれません。

 

 

ポイント④「よく使うエリアでの通信状況」

格安SIMだからと言って、利用エリアが狭くなることはありません。

ドコモ回線のMVNOならドコモの設備と帯域を借りているので、通話・3G通信・LTE通信など全てドコモエリアでは利用できます。au回線も同様です。

主要キャリアの流せるデータ量の上限は決まっているので、利用者が集中すると、通信速度が遅くなることもあるが、その都度、MVNO各社は利用状況に合わせて回線の増強・調整を行っているのでほとんど問題はないでしょう。回線を変更する際は、よく利用するエリアの通信状況を事前に確認しておきましょう。