Googleが「日本語検索の品質向上にむけて」を発表。今後のコンテンツの書き方はどう変わっていくか

web-1608427_960_720

Googleが2017年2月3日金曜日、日本の検索エンジン「google.co.jp」でユニークなアルゴリズム更新を行いました。

ウェブサイトの品質評価方法の改善です。

 

Google は、世界中のユーザーにとって検索をより便利なものにするため、検索ランキングのアルゴリズムを日々改良しています。もちろん日本語検索もその例外ではありません。

その一環として、今週、ウェブサイトの品質の評価方法に改善を加えました。今回のアップデートにより、ユーザーに有用で信頼できる情報を提供することよりも、検索結果のより上位に自ページを表示させることに主眼を置く、品質の低いサイトの順位が下がります。その結果、オリジナルで有用なコンテンツを持つ高品質なサイトが、より上位に表示されるようになります。

今回の変更は、日本語検索で表示される低品質なサイトへの対策を意図しています。このような改善が、有用で信頼できるコンテンツをユーザーに提供する皆さんを、正当に評価するウェブのエコシステム作りの助けとなることを期待しています。

Google Webmasters  https://webmaster-ja.googleblog.com/2017/02/for-better-japanese-search-quality.html

 

一言で言えば、

 

コンテンツ品質の低いサイトを評価しない

オリジナルで有用なコンテンツを持つ高品質なサイトが、より上位に表示される

 

という変化です。キュレーションメディアは一網打尽というような魂胆でしょうか。まだ真意はわかりません。

 

Googlegが掲げる信念は昔から変わらない

 

とは言え、Googleが掲げる信念は今回の評価制度の改善にもしっかりと生きています。

ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。

Google は、当初からユーザーの利便性を第一に考えています。新しいウェブブラウザを開発するときも、トップページの外観に手を加えるときも、Google 内部の目標や収益ではなく、ユーザーを最も重視してきました。Google のトップページはインターフェースが明快で、ページは瞬時に読み込まれます。金銭と引き換えに検索結果の順位を操作することは一切ありません。広告は、広告であることを明記したうえで、関連性の高い情報を邪魔にならない形で提示します。新しいツールやアプリケーションを開発するときも、もっと違う作りならよかったのに、という思いをユーザーに抱かせない、完成度の高いデザインを目指しています。

Google が掲げる 10 の事実 http://www.google.co.jp/about/company/philosophy/

 

つまり、ユーザーのことを考えてサイトを改善していけば結果は後からついているということです。

さて、今日もいいコンテンツを書いて、ユーザーに有益な情報を与えていきましょう。

 

今回の件について詳しくは、こちらのサイトをご確認ください。

自責の念も込めて、更新しました。コンテンツ更新頑張ります。