GoogleAdwordsで「来店コンバージョンを利用」する際の条件

Website

GoogleAdwordsの運用で、以下の記事が話題になりました。

記憶に新しい人も多いのではないでしょうか?

 

「来店コンバージョンからの店舗集客数を知る」 KDDI が検索連動型広告からの au ショップ来店数を可視化し、広告投資対効果の可視化を実現

本事例では、オンライン広告が誘引する来店数の計測を可能にする Google サービス、「来店コンバージョン」を導入し、オンライン広告からの来店数、来店率などの、よりビジネスに直結した指標に基づくマーケティングの実践を試みた、KDDI株式会社の取り組みをご紹介します。

本サイトへ

 

では、実際に来店コンバージョンを設定する際に必須となる項目は何になるんでしょうか?

 

来店コンバージョンを設定する際に必須となる項目は?

GoogleAdwords公式サイトには以下の記載があります。

要件

実店舗への来店によるコンバージョンの測定は、一部の広告主様のみがご利用いただけるサービスです。要件は次のとおりです。

  • ご利用可能な国に複数の実店舗がある。広告主様の店舗で利用できるか否かについては、アカウント担当者にお問い合わせください。
  • 広告のクリック数や実店舗への来店が多い。
  • Google マイビジネス アカウントを AdWords アカウントにリンクしている。
  • Google マイビジネス アカウントに各店舗の位置情報を作成してください。

本サイトへ

 

まだまだ細かいデータが出ていませんが、まだ公開されていないルールとして以下の必須項目があるようです。

  • 全国30店舗以上あること
  • 月のクリック数が50-60万
  • Googleマイビジネスに登録してあること
  • Adwordsで住所表示オプションを設定すること

(まだbeta版の機能のため、公に公開されておらずルールは変更される可能性があります。)

 

来店コンバージョンは推定値で出るようですが、その数値自体も100くらいでるような大型アカウントでないと活かすことは難しいようです。

 

どんどんAdwordsのメニューについて出てきますが、時代に取り残されずついていきたいなと思います。

以上です。