Twitterを検索結果で上位化させるために気をつけること

Maklay62 / Pixabay

企業ブランディングで、よくTwitterアカウントをやっている方も多いと思います。そんな時に、できれば「Twitterアカウントが社名で調べた際に上位化してほしい」というのが本音ですよね。(逆SEOでやっている方もたまにいらっしゃいますね。)

SEOが専業でない、人事や広報の方でも最低限これを気にしておけば上位化の可能性が高まる方法をお伝えします。

 

Twitterでカスタマイズできるところは少ない

正直、Twitterでカスタマイズできるところは少ないです。簡単にプロフィールページでできるで、もし以下の項目で対応していないものがあればすぐに行なってみてください。

(今回は説明のため「yurilog株式会社」を例とします。)

Twiiterのアカウント名に社名を入れる

これはマストで行いましょう。案外怠って、サービス名や会社名を省略する方も多いのでフルで設定しましょう。

×「YR株式会社」

×「YR」

○「yurilog株式会社」

○「yurilog株式会社 広報Twitter」

 

Twitterのプロフィールページに、社名を入れる

プロフォールページが、Googleでは説明文として出やすいです。SEOでは影響を受ける場所ではありませんが、社名を入れておくと太字になりクリック率が高まるので忘れず設定しておきましょう。

 

pana

Panasonicさんはしっかりと設定していますね。

 

定期的に更新をする

何より大事なのが定期的な更新です。Twitterは140文字までしか入れられないので、コンテンツでの評価を受けづらいです。

また更新ですが、必ずユニークなものを更新すること。よく定期投稿だけを更新しているものがありますが、あの様な運用だとなかなか上位化しません。

上位化したとしても、かなり順位揺れが起こります。(経験上)

 

公式サイトやサービスサイトからリンクを貼る

ユーザーにTwitterアカウントがあることを伝える・リンクパワーを与えるためにTwitterにもリンクをはりましょう。

ただあくまでユーザーが便利だと思うところから発リンクしましょう。全く関係ないサイトからリンクしても意味がありません。

 

例えば、公式サイトからTwitterにリンクをはる場合は、以下のようにアンカーテキストに社名を入れましょう。

<a href=”ツイッターのプロフィールページURL” target=”_blank”> yurilog株式会社 Twitter</a>

 

こうすることでGoogleにTwiiterのプロフォールページを伝えることができます。

 

Twitterを社名で上位化させよう

上記の4つを行うことで今のところは、何もしないよりかなり上位化する可能性が高まります。

もちろん1ページ目のサイトのそれぞれのコンテンツが、よければ上位化は難しいですが上位化できればブランディングにもなるためTwitterを運用している企業様はぜひ検討してみてください。

ご質問などあれば、問い合わせまで〜