SimilarWebはどんなデータを利用して、数値を算出しているのか?

similarweb-01 SEO

 

SimilarWebとは?

similar

引用:https://www.similar-web.jp/

 

SimilarWebは、イスラエル製の競合サイトを丸裸にできるWebサイト分析ツールです。

無償版と有料版があり、価格も1アカウント年間50万円以上するため無償で利用している方も多いですよね。競合サイトのアクセスキーワードや、アクセス数などざっくりと知りたいときに便利です。

有料版では以下の項目まで細かく分析する事ができます。営業用の競合分析資料は一瞬で作成できてしまいます。

  • 「業界分析」
  • 「カスタムカテゴリー機能」
  • 「キーワードアナリティクス機能」
  • 「リスティング広告チェック機能」
  • 「人気ページ」
  • 「PC/モバイルそれぞれのデータ」
  • 「流入チャネルごとの滞在時間・直帰率など」

 

SimilarWebのデータはどこから手に入れているの?

SimilarWebのデータは、

  • ブラウザのアドオン(6000ほど)のデータ(ダウンロードする際の規約に記載がある)
  • プロバイダから許可を得て使用しているデータ
  • メディアから許可を得てGAデータを連携している(マークが出る場合がある)データ

を利用しています。

プラウザのアドオンでみなさんはよく、「Fireshot」などのキャプチャツールやその他便利なアドオン・拡張機能を使うと思いますが、そのツールは無償の代わりにユーザーデータとしてSimilarWebで利用されています。

知らない人も多いですが、サイトによってはSimilarWebにGoogleAnalyticsのデータを紐付けてただしいデータを公開しています。ちなみに連携しているマークはこのようなGAのマークがでます。

GA

 

上記のデータを取得すると、世界中のデータの1%ほどを収集できているので、これをもとに推定値をサイトで公開しています。

世界中のデータの1%ってありえない量ですけどね。このデータを整理できるイスラエルのエンジニアすごい・・・。

 

SimilarWebデータの利用方法

SimilarWebはあくまで推定値なのでもちろんずれもありますが、便利なのは有料版で使用できるキーワード分析などです。競合5社を一気に比較して、アクセスを集めているキーワードを調べ、「他社が取っていないお宝キーワード」の発掘にも役立ちます。

もし利用したことがない人はぜひ利用してみて下さい。