リスティングで電話CV取るなら「アドゲイナー」っていうツールがおすすめ

bastet7 / Pixabay Marketing

リスティング広告やPPC広告運用者にとって、「電話CV」というのは正しく効果を計測しづらいと言われています。運用者によっては、電話番号タップ件数をCVとして報告しています。

しかし、それでは、実際の電話数値と乖離が生まれてしまうケースがほとんどです(誤タップによるもの)。僕も実際に運用していく中で電話タップの数値が実数値と違いすぎて、つらい思いをしたことが何度もあります。

そんな悩みを解消してくれるのが、電話効果測定ツールです。

電話効果測定ツールってなに?

広告の電話効果測定ツールのシステムは、とても簡単です。ユーザー事に、オリジナルの電話番号を付与し、その電話番号に掛けた時に裏側で広告のキーワードなどと紐付け、ツール画面に成果を表示します。

流れはこんな感じです。

  1. ランディングページURLにツール専用のパラメーターを付与する。
  2. そのパラメーターを認識すると、サイト内の電話番号が自動で切り替わる。(例:03だったのが050になる)
  3. その番号に電話すると、自動で指定した番号に転送される。
  4. ツール側で着信を判断し、流入したキーワードと付与した電話番号を紐付け、ユーザーの検索キーワードを判断する。
  5. 管理画面を見れば、どのキーワードでCVしたのかすぐに分かるため、広告効果を正しく可視化できる。

 

なぜ電話タップだけでは誤差がでるかと言うと、PCで調べた方がスマホで電話をかけるときには電話タップが取れないため数値が必ずずれます。

そのため、番号を付与し、そこに掛けてもらうことで電話転送を通じて様々な情報を引き抜くことができます。いままでできなかった電話の広告効果測定で、広告アカウントを最適化ができるという事ですね。

電話効果測定ツールによって得られる効果

ツールによって以下の2点のメリットがあります。

  1. 電話録音機能を利用して顧客満足度を上げる対策を行える
  2. 電話転送により流入キーワードが分かる

2つしかないと思った方、電話CVの偉大さをなめてはいけません。

 

電話録音機能を利用して顧客満足度を上げる対策を行える

電話録音機能があるため、マーケターでもユーザーの声を聞き、施策に反映させることができます。

たとえば、広告運用中に100件の電話があり、その中のうち40件「料金いくらですか?」と質問があったとします。そうすると、いままでカスタマーセンターでは単純に答えていた項目が、実はサイトのせいでユーザーを困らせているというのがマーケターまでとどき、サイトも改善出来るのです。

なかなかカスタマーセンターとマーケが連携することは難しいので、ツールを利用すれば電話のリアルな声を聞き、判断出来るのです。

電話転送により流入キーワードが分かる

電話転送を利用する事で、広告キャンペーン・流入キーワードを知ることができます。

よくある運用ミスとしてあるあるなのが、「最適な予算配分が出来ていないケース」です。電話のCVを正しく計測していないためにCVが出ていないと思って、予算をかけていないキャンペーンが実は、電話CVを取れていたというのはあります。

そのため、電話CVを見て、CVが出ているキャンペーンに多くの予算をさくとさらなるCV効果が期待できます。

電話効果測定ツールを実際入れてみてどうだった?

正直、自分も電話計測を行うまでは、「どうせフォーム問合せとニーズはそこまでかわらないだろう」と思っていたんです。でも、実際使ってみると、漏れてる漏れてるで大変。

分析してみると、フォームより電話の方が圧倒的に多く、あまり露出させていないキーワードからのCVRが異常に高い。これでアカウントを見直しました。

電話CVもふくめたカタチで再度、CVRを出し直して、予算の割り振りを変更。そのアカウントは数ヶ月後、CVが1.5倍増加。電話の録音機能でニーズを深掘りし、LPのファーストビューを改善したことも役立ちました。

正直、電話の録音聞けるか聞けないかで、ニーズの汲み取りが全く違います。もう電話効果測定ツールなしの運用は考えられなくなりました。

ツールの値段の相場

ツールの値段の相場は、1万-5万ほど。初期費用・月額費用・電話転送費・050や0120などによっても金額が変わってきます。日本には0120番号の残りが少ないため割高です。

ツールによっては、深夜に電話すると自動でその番号にショートメールを送ってくれたり、営業時間アナウンスをしてくれるツールもあります。

独自のシステムがあればあるほど高いと思ってもらって間違いないと思います。

 

ツールなら「アドゲイナー」がおすすめです

ダウンロード (1)

ツールを比較検討している方におすすめしたいのはアドゲイナーというツールです。実際に使ってみましたが、かなりいいです。

いいところは以下の3つ。

  1. 安価 (月100CVくらいのアカウントなら月額2万もしない)
  2. 電話録音機能があり、管理画面上に対応の評価も残せる
  3. CVした瞬間に自動メールを送ってくれるシステムがある

特に、3番はとても便利です。時間外に電話した人を追いかける時にメールを見れば一発なので。メールには、どのキャンペーン・広告グループ・キーワードからCVしたかも出るので、すぐにアカウント改善するデータとしても役立ちます。

料金や契約期間など

アドゲイナーの料金は、以下の通り。050はフリートライアルありますので、迷っている方はテストで使わせてもらうとイイと思います。

ダウンロード

録音も1分3円なのでかなり安いです。ツールから音声もダンロードできるので会社の資産にもなります。

契約期間は3か月-。3か月使えば効果を実感できると思います。広告代理店営業マンなら激プッシュします。

まとめ

さて、ここまでツールについて説明してきましたが、どうだったでしょうか?ニッチなジャンルなので、マーケターにしか響かない記事となりました。w

導入の際は、ソースにコードなど追加する必要があるためサイトを外注している場合は工数計算に入れておいてください。(headerに数行のコード、電話番号を画像ではなく文字でコーディング、どの電話番号をアドゲイナー用にコーディング)

もしツールで迷っている人はアドゲイナー使ってみてくださいね。回し者ではありませんよ。w