ハワイ・ワイキキに行ったらbikiで自転車レンタルしよう!

Biki-Launch-Header-1

ハワイ、ワイキキで街中に「biki」というバイクが沢山あるのをご存知でしょうか?
日本にはまだまだ馴染みのない、レンタルサイクルのシステムです。

ハワイは物価が安いとはいえないので、タクシーばかり利用すると高くついてしまいます。せっかくなので、レンタルサイクルで旅先を自転車で移動してみましょう。

ハワイのbiki(ビキ)の借り方

hccbikesharecredithawaiiconventioncenter

街中にこのようにbikiが設置されています。空いているものならどれでも利用できます。また返却の際は、どこに返却してもオーケーなので帰り道だけ、など自由に利用できます。まずこのようなスポットを見つけましょう。

スポット一覧はこちらのサイトからチェック。

bikiのスポット一覧ー公式サイト (英語です)
見つけたらスポットの隅においてある機械で申し込みを行います。(クレジットカード必須です)

レンタルの申し込みの流れ

img_0203.jpg

「Buy a Pass」をクリック。

img_0204.jpg

何台借りるかを選択します。

img_0205.jpg

1回の乗り捨てか、1日何回も乗るか選択できます。今回は、乗り捨てを選択します。「SingleRide」を選択。(ワイキキは、観光スポットが集中しているので片道利用で十分です。)

img_0207.jpg

ここでクレジットカードを挿入。入れっぱなしではなく、さしたらすぐ抜いて大丈夫です。

img_0208.jpg

クレジットカードを読み込みますので少し待ちましょう。

img_0209.jpg

読み込まれたら、次は携帯番号を入力。電話がかかってくるわけではないので日本の携帯などを入れればOK。

img_0210.jpg

こちらは郵便番号を入力。日本の郵便番号を入れればOK。

img_0211.jpg

30分以上利用した場合は、デポジットと追加で料金がかかるよと出てきますので、同意。「I accept the fee terms」をクリック。(ワイキキでの使用なら間違いなく30分は超えません。)

img_0212.jpg

最後に料金明細が出てくるので、確認して問題なければ「Finalize」をクリックして申し込み完了となります。

img_0213.jpg

申し込みが完了すると5桁の数字が画面に表示されます。これを忘れないようにして自分の借りたい自転車の前まで行きましょう。

img_0214.jpg

自転車の左に番号を押せるところがあるので5桁の数字を入力。黄色信号が点灯している間はそのまま待って、少し経つと青色に変わるので、変わったら少し力を入れて自転車を引き抜きましょう。これで利用できます。

img_0190.jpg

前には軽い荷物置きもありますので、たくさん買い物して帰りみち歩くのが大変な方にもおすすめです。

ハワイでの自転車の走り方

4c9497e6

(画像引用:http://blog.livedoor.jp/j1hawaii/archives/43510161.html)

ハワイでは基本的に右側通行となります。また歩道を走るのは基本NGです。
※車道で人を避ける時も右側から避けましょう。

またワイキキの大きい川沿いは、車道の横に自転車専用ロードがあるのでそちらを利用するようにしましょう。
特に川沿いは、隣にランニングロードがあるので間違えないようにしてください。

夜に乗りたい方は自分のbikiのライトが壊れていないか確認するようにしましょう。(昼でも漕げば自動でつきます。)

bikiの注意点

Waikiki+w+Biki+bikes

bikiは、どこかに止めておくことが出来ないので目的地の近くに返却ポイントがあるか調べておきましょう。

スポット一覧はこちらのサイトからチェック。

bikiのスポット一覧ー公式サイト (英語です)

ワイキキから少し出るとスポットも少なくなるので、遠くに出かける時は事前に準備をお忘れなく。

まとめ

bikiは、ワイキキの観光に非常に便利なものです。何より海外を自転車で走るのは楽しい!
信号の渡り方など間違えないようにして、安全運転で楽しんでください。