ECサイト構築サービスを比較してみました!

Sara_Torda / Pixabay

ECサイトとは?再確認しましょう

インターネットで自社商品を販売したいという方におススメなのが、ECサイトを作るという方法です。
ECサイトというのは、「Web上で主に自社の商品やサービスを販売するための独自運営のサイト」を指します。
ECとは、「Electronic Commerce(電子商取引)」の略です。
ちなみに、Amazonや楽天のように一つのWebサイトに複数の商店の商品やサービスがまとまっているものは電子商店街(オンラインモール)といいます。

ECサイトを導入することで、以下のようなメリットが得られます。

ECサイトを持つメリット

新しい売上チャネルが作れる

商品を売るということは、何らかの形で商品をお客様の目の触れるところへ置き、手にとって(選んで)いただき、お渡し(お届け)する、という過程を経るということです。
つまり、販売にあたっての流通経路が重要となるのです。

一箇所の店舗に商品を纏めて置いておくだけでは、その店舗を訪れたお客様にしかアプローチできませんが、複数の店舗に商品を分散させておけば、より多くのお客様の目に触れますし、買われる可能性も大きくなるでしょう。
その発想を推し進めていけば、世界中の人々が利用するWeb上に商品を置くことで世界中の人々が顧客となり得る、ということになります。
そうすることで、実店舗だけではない新しい流通経路が生み出せるわけです。

プラットフォームに依存せず自由なデザインができる(amazon・楽天など)

Amazonや楽天のようなオンラインモールでは、個々の商品やサービスについて自社の個性を打ち出したページデザインはできません。
なぜなら、オンラインモールのデザインはあたかもコンビニエンスストアやチェーン店のような統一感が重視されているからです。

しかし、実店舗では陳列やPOPなどに工夫を凝らすように、商品をどのようにお客様へ示すかということも、マーケティングにおいては非常に大事です。
ECサイトならば、自由にデザインできるため、自社商品の個性を打ち出すことができます。

解析して改善できる

ECサイトであれば、どこからどのように訪問されたか、どのページが一番よく閲覧されたか、どの商品がもっとも売れたか、といったことがデータとして手に入ります。
逆にどのページが閲覧されなかったのか、使いにくいところはなかったか、といったこともわかるので、それらのデータを解析することで即座に改善し、反映できます。

実店舗やオンラインモールではこのようなデータを集めにくいですし、改善できないか、反映が遅くなってしまいますが、ECサイトは柔軟で速やかな対応ができるのです。

ECサイトを構築する方法

このようなメリットがあるECサイトですが、主な構築方法としては以下の4つが挙げられます。

オープンソース

Web上で無料公開されているソースコードを用いてサイトを構築する方法です。
基本的な機能とテンプレートが用意されているため、比較的手軽に構築できますし、コストが低く抑えられるという点に魅力があります。

他方、テンプレートをそのまま用いただけではせっかくのECサイトのメリットである、個性の表現や他社との差別化が図れません。
また、オープンソース側にバグなどがあった場合、そのリスクを負うのは自社ということになるため、注意が必要となります。

ASPサービス

ASPというのは“Application Service Provider”の略であり、ネットワークを経由してアプリケーションソフトの機能をレンタルする形で導入し、サイトを構築する方法です。
サービスの管理は事業者側が行うため導入が手軽で素早く、セキュリティやバグへの対応といったことを任せられます。また、オープンソースの次に安価です。

他方、機能のカスタマイズができず、デザインが限られるために発展性がないというデメリットがあります。
また、他の基幹システムとの連携も難しく、これから大規模にECサイトを運営していきたいという場合には不向きといえるでしょう。

パッケージ

ECサイトを構築するための様々な機能がまとまってパッケージとなっているソフトウェアが販売されており、これをベースとしてECサイトを構築する方法がパッケージです。
サービスの管理は事業者側へ委任でき、追加費用を投じることでカスタマイズも可能、デザインの自由度も比較的高いです。

他方、初期費用やメンテナンス費用が比較的高額になるというデメリットがあります。システムにもよりますが、数十万円~数千万円は掛かります。
また、システムが古くなった場合の乗り換えにもコストが掛かりますし、カスタマイズができるということは、導入までにやや時間が掛かるという点にも注意が必要です。

フルスクラッチ

既存のプログラムによらず、全てをゼロから構築する方法をいいます。
当然、どのような機能を実装するかも自由ですし、他の自社システムとの連携も、デザインについても制限はありません。
自由自在なカスタマイズがフルスクラッチの最大の特長です。

他方、自由度が高いということは構築に掛かる時間と費用がそれだけ多大になるということであり、小~中規模のECサイトには向きません。
また、ゼロからサイトを構築するため、場合によってはバグが生じる可能性もあるという点、インフラやサーバも自前で用意する必要があるという点も意識しておくべきです。

ECサイトをフルスクラッチで作るときに困ること

ゼロからECサイトを作るフルスクラッチにおいて何よりも重要となるのが、個人情報と金銭に関わる部分です。具体的には以下の3つのシステムが問題となります。

セキュリティ

ECサイトにはログインフォームを初めとして、お問い合わせフォームや注文フォームなど、情報を入力する箇所が多くあります。
セキュリティに問題がある場合、この入力フォームからハッキングされ、お客様の個人情報が盗まれたり、不正アクセスによる価格の改ざんが行われたりするといったリスクが高くなります。
セキュリティ面は疎かにできない部分なので、SSL(暗号化システム)の導入や管理ページへのアクセスの際のパスワードを簡単なものにしない、OSやソフトを最新のものにする、こまめなセキュリティ診断を行う、といった注意を払うようにしなければなりません。

カートシステム

カートシステムというのは、いわゆる「お買い物カゴ」のことであり、商品の数や料金の総額、消費税、送料、手数料に加え、サイトによってはクーポンやセール割引の適用もなされるため、案外複雑となります。
金額だけではなく、購入者の氏名や住所、電話番号、配送日時、決済の方法といった情報も関連付けなければならず、ここでもセキュリティ面の強度が重要となります。
ASPサービスやパッケージではカートシステムが予め備えられていますが、フルスクラッチでは自分で全てをデザインする必要があるため、他のシステムとの関係も含めて製作することになります。

決済システム

決済の方法には、主なものとしてクレジット決済、代引き、コンビニ決済、銀行振込が挙げられます。
しかし、現在ではそれにとどまらず、PayPalやLINE Pay、キャリア決済など多くの決済方法が登場しています。
自社のメイン顧客の性別や年齢、ビジネスの方針に合わせて、それらの決済方法のどれに対応させるのかを選択する必要があります。
もちろん、カートシステムと同様にセキュリティ面の強度が問題となることはいうまでもありません。

ECサイトをフルスクラッチしたときの推定費用・推定期間

どのようなサイトデザインにするかにもよりますが、フルスクラッチでECサイトを構築する場合、初期費用が数百万円~数千万円、メンテナンスなどに要する費用が月額あたり数十万円は必要と考えられます。

ビジネスの規模としては、年商にして50億円以上のECサイトがフルスクラッチによることが多いといわれています。

また、ECサイトの構築期間については、概ね2カ月~半年は見ておいたほうがいいでしょう。
直ちに売りたいものがある場合は、ASPサービスやパッケージを利用するのが適しています。

ECサイト構築サービスの比較

EC-CUBE

ダウンロード (13)

https://www.ec-cube.net

EC-CUBEはオープンソースのサービスであり、EC構築パッケージを無料で利用・改変できるものです。もちろん、ダウンロードも無料です。
初期費用が一切掛からずにECサイトを構築できるところが魅力であり、導入実績も豊富にあります。

ただ、オープンソースであるため自社での開発体制が整っていないとなかなかカスタマイズが難しく、また万一トラブルがあっても自社の責任となるということもあり、導入へのハードルは比較的高めです。そのため自社に技術力があるという場合におススメです。

shopserve(ショップサーブ)

ダウンロード (14)

https://sps.estore.jp/

ショップサーブはASPサービスであり、一定の初期費用と月額費用を支払うことでECサイトを立ち上げ、サポートを受けることができます。
ECサイト制作・集客/マーケティング・運営/管理・オプションサービスと様々な機能が用意されており、販売後の管理画面を見やすくすることで運営負荷を軽減、さらには専任の担当者による開店前と運営時のサポートと、充実したシステムが特徴です。

料金プランはスタンダード・スタンダードモバとくパック・アドバンス・コーポレートの4種に加えてライト・エンタープライズも用意されています。
それぞれのプランは、登録商品数や登録顧客数、サーバ容量などに違いがあります。

Welcart for WordPress

ダウンロード (15)

https://www.welcart.com/

WelcartはWordPressと連携してECサイトを実装することのできるプラグインです。
日本初のWordPress専用ショッピングカートであり、ネットショップを手軽に無料で開業することができるという特徴があります。
Welcartのプラグイン自体は無料ですが、拡張プラグインは有料であり、売上集計や注文状況一覧、定期購入、ダウンロード・サービス販売などが用意されています。

オープンソースのサービスと同様に、暗号化などを自社で行わなければならないことや、扱っている制作会社がそう多くないこと、情報が比較的少ないことには留意しておくべきですが、WordPressさえあれば手早く導入できるという利点が大きいでしょう。

BASE

ダウンロード (16)

https://thebase.in/

BASEは無料でネットショップを開業できるASPサービスであり、メールアドレスとパスワード、ドメイン名を入力して登録し、デザインを編集して商品を登録するだけで簡単にECサイトを開設できます。
手軽さと簡易さが特徴であるため、CtoC、つまり一般消費者同士のやり取りに向くサービスと考えられます。

デザインはシンプルですが、無料サービスの中ではカートのレベルが非常に高く、登録商品数に制限がないことや、初心者でもクレジットカード決済システムを導入できることが強みといえます。

STORES.jp

ダウンロード (17)

https://stores.jp/

STORES.jpも無料でネットショップを開業できるASPサービスであり、基本的にCtoC向けと考えられる点についてもBASEと同様です。
公式サイトからの登録だけでECサイトを開設できるのも同じですが、異なるのが商品登録件数です。
BASEは無制限ですが、STORES.jpは5件まで。それ以上の商品数を登録したい場合は、STORES.jpプレミアムプランに加入し、月額980円(税別)を支払う必要があります。

他方でSTORES.jpにはBASEと比べて代引きやPaypalによる決済が可能であったり、再入荷通知やレビュー機能があったりするといった点で強みがあるといえます。

Quick Mart

ダウンロード (18)

http://www.quickmart.jp/

Quick Martは一般的なASPサービスと比べてカスタマイズの幅が広く、SaaS(Software as a Service)型のクラウドサービスであるため、ECサイトの規模が拡大していくのに応じて機能も拡張できるという特徴があります。
また、インフラ管理を委任でき、基幹システムや外部システムとの連携もサポート対象となるため、短期でECサイトを立ち上げることが可能です。

オンラインモールや外部の通販サイトからの価格情報などの取得もシステムとして行えるため、販売を促進するための機能が豊富に用意されているのも魅力です。

MODD SaaS

ダウンロード (19)

https://www.modd.com/

MODD SaaSもSaaS型のクラウドサービスによるECサイト構築サービスです。
特徴としては、初期投資が原則として不要なためにコストが削減できる、第三者機関による定期的な脆弱性診断を受けることでのセキュリティ対策、クラウドサービスであるためキャパシティに余裕を持てる、月に2回のペースでのバージョンアップによる陳腐化の防止、といった点が挙げられます。

EC業界での実績は16年以上であり、ノウハウの蓄積もなされているという安定感が強みでもあります。クラウドサービスという利点を活かした数々のサービスが魅力といえます。

カゴラボ

カゴラボは、オープンソースであるEC-CUBEをベースにパッケージ化したサービスであり、800サイトを超えるECサイト制作実績があるところです。
ECサイト構築のコンサルティングと一貫したサポート体制を敷いており、専属デザイナーによるデザイン、企画の提案、そしてオープンソースの弱点を潰すためのセキュリティ対策が強みとなっています。

料金プランとしてはエントリー・スタンダード・プロ・エンタープライズの4種類があり、それぞれサーバ容量やプラグイン、オプション機能といった点に違いがあります。

まとめ:ECサイトで何をしたいかを考えてからサービスを比較しよう

ECサイトを作るにあたっては、自社サービスのスタイルや指針、メイン顧客層の属性を踏まえた上で、もっとも適したサービスと会社を選ぶ必要があります。
特にASPサービスやクラウドサービスについては、各社とも日々サービス内容が更新されており、可能なことが増えているのが現状です。Web上へ開かれた全世界に向けて、あなたの会社の製品を販売するために、魅力的なECサイトを構築することが求められます。