スマホのマーケットとは?使い方やメルカリとの違いも紹介

ダウンロード (2)

ネットで話題のスマホのマーケット、通称スママについて調べてまとめてみました!

スマホのマーケットとは?

スマホのマーケットは、株式会社ジラフが運営する個人間売買プラットフォームです。

URL: https://smama.jp/

メルカリやラクマなどの個人ユーザーと個人ユーザーの直取引(いわゆるCtoC)の場合、たしかに売買は楽ですが、

  • 買ってみたら壊れていた
  • 画面はつくが、指紋認証が使えない
  • そもそも契約残金が残っていて使えない(通称:赤ロム)

などメリットだけではなく、問題点もありました。

特にトラブルが起きた際、販売者は無言を貫いたり、難癖をつけてくるケースもあったりして購入者が守られるケースも少ないのが実情です。(もちろんメルカリやラクマもカスタマーサポートで返金対応などあります。)

スマホのマーケットの利用メリット

スマホのマーケットは、販売者と購入者の間に株式会社ジラフが仲介役として入り以下の対応を行ってくれます。

  • 動作保証
  • 品質のチェック
  • SIM診断
  • なにかあった際の返金保証

また、購入者にとって安心なのが出品者を選べる機能です。

ダウンロード (3)

もちろん株式会社ジラフがさまざまなサポートをしてくれるので安心ですが、その中でも法人のほうが安心感がありますよね。メルカリやラクマはCtoCマーケットのため基本的には個人からの販売です。

ただ、スマホのマーケットでは購入するユーザーが販売者を「個人・法人」で選ぶことができます。

スマホのマーケットの利用方法

スマホのマーケットの利用は、購入者と販売者で少し違います。登録はとちらも必須のためまずは登録方法についてご紹介します。

登録方法

ダウンロード (4)

https://smama.jp/users/sign_up

まずこちらから会員登録をしましょう。FacebookアカウントやGoogleアカウントがあると簡単に登録できます。

登録をすると

ダウンロード (5)

上記のようなメールが届きますので本登録用URLをクリックし本登録を済ませましょう。

ダウンロード (6)

本登録の際は、名前・電話番号・〒・住所が必要になります。

すべて入力したら完了です。

スマホの購入方法

「なにかお探しですか?」の検索窓から購入したい端末を検索しましょう。

その際こだわりたい人は、条件を探すをクリックし、

ダウンロード (9)

カテゴリー・出品状況・キャリア・対応MVNO・出品者・価格・容量から好きなものを選択し、ソートをかけましょう。ほしいものが見つかりやすくなります。

 

商品が決まったら、「購入する」をクリック。詳細ページで、オプションの有無をチェックし、

ダウンロード (11)

問題なえれば「購入する」をクリック。個人的には、届いたとき使えないと怖いので動作保証オプションはつけておくのをおすすめします。

 

なお、有料オプションは以下の通り。

  • データ削除サービス 1,980円
  • スマホの動作確認サービス 2,980円
  • 除菌クリーニング 490円

 

そのあとはクレジット情報を求められますので

ダウンロード (10)

「クレジットカード情報を登録」リンクをクリックし、クレジットカード登録をしましょう。

登録後は購入をすれば完了となります。

 

商品が届いたら、販売者を評価し、やりとりが終了となります。

 

スマホの販売方法

販売の際は右下の「スマホを出品」をクリックします。

無題sdf

クリック後は、

  1. 写真をUP
  2. 商品情報を入力

し、出品完了となります。

また購入されたら、

  1. 丁寧に梱包し発送
  2. 最後に購入者を評価

し、販売が完了となります。

メルカリなどで慣れている方はすぐに販売できると思います。

販売者の方は、売り上げの10%が手数料・売り上げ振込手数料270円があるということを忘れず料金設定を行うと自分に入るお金をより正確に計算できます。

スマホのマーケットでの販売価格の見極め方

スママで販売をお考えの方は値段をいくらにしようか迷うと思いますがそんなときは以下の方法を試してみてください。

1.まずは売る商品を検索

「iPhone7」などと入力して検索しましょう。

2.実際に売れているものをチェックする

ダウンロード (7)

検索後、出品状況のところを取引完了のみチェックをいれて「この条件で検索」をクリックします。

3.売れている商品が出てくるので似ている状態のものを探す

ダウンロード (8)

売り切れになっている商品の中で自分が売るスマホと同じレベルのものを探して値段をつけましょう。市場価格にあった値段になるので売れやすくなるはずです。

 

まとめ:スママのこれからに期待

携帯の中古は今までたくさん買ってきましたが、こういった利用者保護が厚いサービスは大好きです。今後携帯が必要になった際にどんどん活用していきたいなと思っています。

もし販売や購入に不安がある人はわかりやすい説明が載ったご利用ガイドをチェックしてみてください。(https://smama.jp/guides