僕が考えるアフィリエイトの商材の選び方を紹介します

siampura / Pixabay Marketing

サイトアフィリエイトで成功するためには、適当にやっても正直稼ぐことはできません。正しい手順で取り組んでいく必要があります。手順さえ間違わなければ稼ぐことができます。

その一方で間違ったやり方をしてしまうと、稼げないとは言いませんが「時間がかかる」ケースがとても多いです。その間違えるケースでとても多いのが商材選定の部分です。

僕が考えるアフィリエイトの商材選定方法

アフィリエイトで長く稼いで行くためには、以下の商材に長い時間をかけて注力して行くのがいいのではないかと思っております。

  • 1単価が高い商材
  • ユーザーが無料で申し込めたり購入できたりする商材
  • 年中ニーズがある商材
  • 人生で1度はほとんどの方が関わる商材

※あくまで今僕が考えているケースですのでこれが正解ということではありません。

1単価が高い商材

1件をユーザーに申し込みさせると1000円儲かるのと、1件4000円の報酬がもらえるケース。同じ申し込み数であればどちらを選んだ方が稼ぎやすいかとあなたが聞かれれば当然、4000円のものを紹介した方が良いと思いますよね。

そのためできるだけ高単価の商品を探すように努めることが大切です。ただここで注意したいのは、単価だけで商品を考えるとユーザーは「なんでこんな商品がおすすめなのだろうか?」と不安になるはずです。

そのため、選び方としてはあなたの商品のおすすめ選定基準を設けてそこに合格した商品たちを単価順に考えるというのがいいかと思われます。理由もなくおすすめされても誰も買いませんからね。

ユーザーが無料で申し込めたり購入できたりする商材

こちらは「無料相談」「資料請求」「来店」「体験版取り寄せ」「ダウンロード」「会員登録」など、ユーザーが無料で申し込めるものになります。

例えば、あなたがスマホを売るためにお店に「無料査定」をお願いしたとします。これを自分のサイト経由で申し込みさせることができればあなたにお金が入ります。ユーザーにもお金はかからないため高確率でCVするものです。(そのため競合が多いのも事実です。)

なぜ高確率かというと「購入」という障壁がないのでユーザーが行動する可能性が高いためです。無料なのにアフィリエイターには、その企業からアフィリエイト報酬を受け取る権利があるため多くの方がこれで稼いでいます。

年中ニーズがある商材

いつでも需要があるものを選ぶというのもとても大切なことです。

サイトアフィリエイトでは、自分の売り上げが安定するように継続してCVさせることが大切になります。1ヶ月だけ稼いでそれで終わりではアフィリエイトのメリットは十分に発揮されていません。

自分の売り上げが予測できるレベルにするためにも、来月も、その来月も、その次の月も報酬が発生するであろう商材を選ぶようにしましょう。簡単にいうと「いつでも誰か申し込んでそうだな」というものがいいということです。

人生で1度はほとんどの方が関わる商材

毎月安定的にということではありませんがユーザーの申し込む行動がわかりやすい商材は定期的にニーズがあります。その時に考えたいのが人間の生から死までのライフストーリーです。

生まれるから死ぬまでに想定される「1度はみんなやる」ことってなんでしょうか?たくさんあるのですが以下は例で記載します。

  • 生まれる→ベビーカーを買う・子供用お風呂を買う
  • 大人になる→結婚式を挙げる・貯金を始める
  • 高齢者になる→相続を考える・老人ホームを探す

など趣味のない方でもやりそうなことを考えると「これ売れそうだな」「申し込みしそうだな」というのがわかってくるようになるはずです。

商材をある程度絞ったらあとはひたすらライティングをしょう

商材を絞ったらあとはひたすらライティングをしましょう。

アクセスを集めるジャンルが決まれば、あとはアクセスを集めれば報酬が発生します。最初はかなり難しいと思いますが数打ちゃ当たる精神ではなく自分の好きなもの・儲かりそうなものなど基準を決めてからサイトアフィリエイトをはじめてみてください。