【ブロガー向け】記事案が思いつかない時に、サクッと記事案を作る方法

congerdesign / Pixabay Marketing

ブロガーにとって、「記事を書きたいが何を書いたらいいのかアイデアが思いつかない」というのは致命傷です。他のブロガーが更新しているのに自分は更新できない…書きたいのにネタが…という悩みを抱えている方も多いと思います。

今回は、ブロガーの方向けに「記事案が思いつかない時に、サクッと記事案を作る方」を紹介します。

他の人はどうやって記事を書いているの?


記事案を考える時の方法として以下がよく行われています。

  • Googleトレンドを見て、トレンドワードをライティングする
  • Twiiterトレンドを見て、トレンドワードをライティングする
  • 競合サイトやブログを見て、真似た記事を書く
  • 自分の買った商品を紹介する
  • 自分の好きなサービスを紹介する

上記はどれも、アクセスを集めやすくおすすめです。ただ、意外と書くモチベーションが上がらず書けなかったり競合サイトがすでにしっかりとした文章を書いていてSEO頑張っても勝てそうになかったりします。

そんな時におすすめなのが以下の方法です。

おすすめの記事案の探し方「自分の検索履歴から探す」


記事案を自分の検索履歴から探すという方法を使っている人は実は多くありません。

「コンテンツSEO」「プロブロガー」が有名になってきてからみんなたくさんの記事を書いていますがそれでもまだまだ検索結果はガラ空きです。これからブログを始めようと思っている人でも全く問題ありません、まだまだ戦うフィールドは余っています。

このようにお伝えできる理由として、実際に僕が教えた人は1ヶ月足らずで自分のブログから収益を生んでいて今でもアクセスが伸びているからです。(証拠はこちら

では、具体的な方法を紹介して行きます。

自分の検索履歴から記事案を探す方法

1.検索履歴がわかりやすく調べられるように拡張機能「閲覧履歴ポップアップ検索」をダウンロード

スクリーンショット 2017-12-28 23.50.44
ダウンロードはこちらから(PC)

Webの閲覧履歴を簡単に出してくれる拡張機能です。今回の記事案作成以外にも、「あーさっき見てたサイトをすぐ開きたい」という時にも便利です。

こちらを上記リンクからダウンロードしましょう。

2.自分のWeb閲覧履歴を表示

拡張機能のマークをクリックし、閲覧履歴の一覧を表示します。

スクリーンショット_2017-12-28_23_54_46
(※見られたくないものがWeb履歴にある人は周りを確認してから行いましょう。w)

3.自分のWeb閲覧履歴から「検索履歴」だけを表示する

スクリーンショット_2017-12-28_23_54_28
Wordの欄に、「検索」と入力します。こうすることで、Googleで検索したキーワードを引き抜くことができます。ただ画像のように検索という言葉が入っているページも出てしまうのですが、これはYahoo!で検索した時のワードも取るためにあえて「検索」という言葉だけでソートしています。

4.自分が何回も調べた箇所を探す

自分が複数回調べたワードというのは、「1回の検索で解決しなかったワード」ということになります。

つまり、2回目以降に調べたワードが1回目に調べたワードについての記事の中に入っているとユーザーニーズを今の検索結果より満たせる可能性が高いということです。

「どういうこと?」という方に向けて例を出します。

スクリーンショット 2017-12-29 0.10.21
例えば上記の検索、短いスパンで複数回検索されています。また、内容も似ています。

この情報から自分は「PPC広告と調べたけど、記事の中の「成果報酬型」「費用対効果」という言葉がよくわからず再度検索した」ということがわかります。

つまり、「PPC広告」の上位表示している記事はまだまだ情報が薄く、自分が「成果報酬型」「費用対効果」についてもう少し具体的にわかりやすく記事を書くことで、1回の検索→記事流入でユーザーの悩みを解決できるということです。

Googleは、基本的に1回でユーザーの悩みを全て解決できる記事というのを好むため上位表示の可能性もより高くなります。

ユーザーにとって、良質な記事を書きたいブロガーの方に1度はぜひ試していただきたい手法です。(※今回の「PPC広告」はあくまで例です。)

自分の検索履歴から記事案を探すメリット

メリットは単純明快、記事を見せたい相手は「昔の自分」であり自分が記事を読む想定ユーザーだからです。

普通に記事を書く場合、ユーザーニーズを考えて、どういった情報が欲しいのか・どの付加情報を入れるとさらに満足できるかを考えてライティングします。しっかり書ければ全く問題ないのですが、自分でユーザーニーズを考える時って結構情報が漏れます、残念なことに…。

しかし、今回ご紹介した方法の場合は実際に自分が悩んで検索しているので、「どういった情報が欲しいのか・どの付加情報を入れるとさらに満足できるか」の情報精度はかなり高いです。複数回検索しているので、その情報を追加することで現在の検索結果上位の記事よりさらに濃い記事が書ける可能性があります。

ぜひ1度試してみてください。

まとめ:これで記事案ができたら、早速書こう


ここまでやり方をお伝えしても、実際に手を動かす人は10人中1人くらいです。つまり今この記事を見ているあなたにも十分チャンスがあるということです。

さらにアクセスを稼いでいきたいと思っている雑記ブロガーさん、今がチャンスです。早速ライティングに取り掛かりましょう。