テーマで選ぶ投資「FOLIO(フォリオ)」にチャレンジしてみた!【申し込み方法を紹介】

スクリーンショット 2018-01-05 16.06.11 Money

2017年の年末に、「新しい投資始めて見るか〜」ということでFOLIOというサービスを利用してみる事にしました。今回は購入までの一連の流れを紹介します。

とにかくサイトデザインが綺麗で、届くメルマガも細部までこだわっているのを感じマーケターとしては羨ましいなぁと思っていました。

そもそもFOLIOってなに?

FOLIOは、通常の株購入とは違いテーマを選んで購入するタイプの投資です。「VR」「自動車」など、ジャンルを選んで投資します。ジャンルごとに分散投資されるようになっており、たとえば「自動車」ジャンルを選ぶとすると、自動車メーカーや部品メーカーを中心に分散して購入されます。

ダウンロード
サポートも充実しており、10万円から運用できます。大手企業の株は最低でも50-100万円必要だったりするので(1株5000円だとしても、株は最低100株からしか購入できないケースがほどんとなので50万円はかかってくる計算になります)分散投資が10万円からできるのも嬉しいですね。

スクリーンショット 2018-01-05 13.44.14
FOLIOは有望企業10社に分散投資してくれるので、リスク分散にもなります。面白いのは、あるあるの業界だけではなくコスプレやドローン、人工知能のジャンルなどにも投資できることです。

FOLIOへの申し込み方法

では、実際に申し込みの流れをご紹介します。

1.公式サイトへいき、新規登録を行います(仮登録)

スクリーンショット_1
公式サイトはこちら
サイトの右上、「アカウント登録」をクリック。

スクリーンショット_2
メールアドレス・パスワードを入力しアカウント登録しましょう。

スクリーンショット_3
この画面が出れば仮登録は完了です。

2.本登録を行います

仮登録を行うと、登録メールアドレス宛てにメールが届きます。
スクリーンショット_4
届いたメールのURLをクリックして、本登録画面に行きましょう。登録はフォームにしたがって進んで行けば簡単に行えます。なお本人確認のために免許証の画像が必要になるため準備しておきましょう。

登録が完了したらまたメールが届きます。
スクリーンショット_
登録後は、住所確認のためWelcomeレターが届くので待ちましょう。1週間程度で届くと思います。

3.Welcomeレターを受け取る

レターが発送されたタイミングでメールが届きます。
スクリーンショット 2018-01-05 15.26.27
郵便ポストチェックを楽しみながら届くのを待ちましょう。待っていると、素敵な封筒が…。

スクリーンショット8
登録住所宛てに、黒いかっこいい袋が届きます。この封筒を開けると、QRコードが出てくるのでスマホで読み込み、ログインしましょう。

これで登録完了になります。

FOLIOの入金方法・テーマ購入方法

申し込みが完了したら、あとは購入をしていきましょう。

1.ログインしましょう

スクリーンショット_201
公式サイトはこちら
サイトの右上、「ログイン」をクリックしましょう。メールアドレス・パスワードを入力することでログインできます。

2.入金しましょう

まずは入金する必要があるため入金をおこなっていきましょう。
スクリーンショット_2018
入金はログイン後、右上アイコンボタンから「入金」をクリックしましょう。なお、入金には2つの方法があります。

  • リアルタイム入金
  • 銀行振込で入金

どちらでも問題ないのですが、リアルタイム入金の場合は、「リアルタイム入金はネットバンキングのみ」「全ての銀行が対応していない」という注意点があるので事前に対応しているかチェックしましょう。

リアルタイム入金の場合

スクリーンショット_20
上記が、リアルタイム入金画面です。入金額を入力し、「入金実行画面へ」をクリックするとFOLIOの画面からネットバンキングの画面に移動します。画面通りに進み入金しましょう。(銀行ごとに対応方法が違います。)

銀行振込で入金

スクリーンショット_201801
銀行振込の場合は、FOLIOの指定の銀行に入金の必要があります。必ず登録本人名義の口座から振り込むようにしてください。

3.着金されるとメールが届くので管理画面もチェックしましょう

入金後アカウントに着金されると、メールが届きます。
スクリーンショッ
念のため、アカウントにもログインし、チェックしましょう。ログイン後、右上のアイコンマークをクリックすると購入可能金額のところに反映されています。
スクリーンショット_2018-01-05_
ここまでくれば入金完了です。あとは、自分の好きな銘柄を購入してみるだけです。実際に購入してみましょう。

4.好きな銘柄を探してカートに入れよう

購入はログイン後、TOPページから簡単に行えます。デザインが綺麗でわかりやすい…。今回は「ドローン」を購入してみようと思います。
スクリーンショット_1
購入予定のテーマをクリックします。クリックすることで下のような詳細なデータをチェックすることができます。日経平均とテーマの数値をグラフでチェックすることもできます。(モザイクをかけているので本記事ではチェックできません。ぜひ登録してからチェックしてみてください。)
スクリーンショット_2
このデータだけでは正直何とも言えないので、赤枠の詳細ページリンクをクリックします。さらに細かいデータをチェックします。

ダウンロードDFS詳細データは全てモザイクをかけています。このように必要なデータを詳細ページではチェックできます。右側の「注文に必要な額」が最低限購入に必要な額になります。現在の価格と1年の伸び率を判断して、良いと思ったものをカートに入れましょう。

5.いよいよ大詰め。購入します

スクリーンショット_201
カートに入れると、カートに「注文手続きへ」という購入のアナウンスが出てくるのでクリックしましょう。

ダウンロード__1_xfgc
最終確認画面が出てくるので確認をし、問題なければ取引コードを入力して注文を確定させましょう。なお、取引コードは口座開設時に自分で設定した4桁の数字です。(毎日12:15〜18:00頃(株価の制限値幅が確定する時間まで)は購入注文ができません。)

おめでとうございます。以上で購入完了です。

6.損益は、管理画面でチェック

購入後気になるのは、儲かっているかどうかですよね?これもログイン後チェックすることができます。ログイン後、アイコンボタンをクリックし、「」を見てみてください。綺麗なUIの資産管理をみれます。
スクリーンショット_2018-01-0
もしアプリで簡単に確認したいという人はMoneyForwardで連携してチェックしましょう。僕も毎日、MoneyForwardでチェックしています。

まとめ:投資が身近なものになってきた

様々なベンチャーが立ち上がり、投資が胡散臭いイメージから身近でだれてもやるものになってきました。暗号通貨の投資も流行っていますが、個人的には興味のあるテーマに応援のつもりで投資しています。その結果、儲かったら嬉しいしもしある程度下がっても市場自体が盛り上がりそうなら長期保有するだけです。

もし今まで投資したことがないという人は、FOLIOで投資を行なってみてください。(サイトで紹介している画像は、公式サイトから引用させていただきました。)

 

注意:投資は、投資にリスクはつきものです。資産が増える可能性がある分、資産が減る可能性もあります。ご自身の判断で行うようにしてください。余剰資金で行うことをおすすめします。