PassAppを使おう|カンボジアのタクシー手配方法と注意点について

スクリーンショット 2018-08-07 23.25.57 Travel

先日カンボジアに行ってきました。Uberを使おうと思っていたら、カンボジアではPassAppが主流とのことで今後行く方のために情報をまとめました。

PassAppとは?

PassApp Taxi in Cambodia

PassApp Taxi in Cambodia

Top Nimul無料posted withアプリーチ

PassAppは、超簡単にいうとカンボジア版Uberです。インドの企業が開発しており、徐々に街に浸透しており、プノンペン・シェムリアップ・アンコールワット・シアヌークビルでは皆使っています。ここ1年で急速に拡大し、知らない人はいないレベルになっています。

今まで、バイクタクシーや現地のトゥクトゥクがPassAppのせいで暇になってしまった地域もあります。観光客だけでなく住んでいる人も皆使っているサービスです。

なお、「Uber」はほぼ使われていません。

Uberとかじゃダメなの?

Uberはこちらでは浸透していません。理由は、カンボジアが現金主義の国だからです。アプリ上で決済ができないので行き先と呼ぶことだけできるPassAppが浸透しています。

そのためPassAppは利用した後に、お金を手渡しで運転手に渡します。

Uberも使ってみると、捕まる可能性ありますが数回テストしたところほとんど走っていないのでPassAppを利用しましょう。

PassAppの使い方

事前準備が必要になるので日本でこの記事を読んでいる方は準備してから行きましょう。

 

PassApp利用の際の事前準備

まずはダウンロードしましょう。

PassApp Taxi in Cambodia

PassApp Taxi in Cambodia

Top Nimul無料posted withアプリーチ

iOSもAndroidもどちらもサポートしています。

電話番号認証を行う

アプリをダウンロードしたら、現在地の位置情報提供を許可して(これをしないと呼ぶ際に困ります)、電話認証を行います。

IMG_2357

IMG_2358

電話番号を入力して、リクエストコードをクリック。現地に着いてから設定したい場合はGoogleの認証でログインしても問題ありません。

電話番号認証をするとSMSでコードが届くのでそちらを入力。

IMG_2360

IMG_2359

SMScodeの部分に届いたコードを入れれば事前準備完了です。

PassAppでのタクシーの呼び方

では、実際に呼んでみましょう。

IMG_2293

現地に着いて、アプリを起動すると自分の位置とタクシーが走っている画面がでます。これで、位置が間違っていなければSet Pickupをクリックし自分の位置を確定させます。

 

IMG_2294

あとはどのモデルが来て欲しいかを選択します。基本はRickshawで問題ありません。(トゥクトゥクのこと)

IMG_2296

次に、Dropofflocationを選択し下ろして欲しい場所を選びます。これで「Confirm booking」を押せば予約完了。

IMG_2308

こんな感じでタクシーが迎えにくるのもリアルタイムでわかります。

もしキャンセルしたくなったら…

上の画像でもわかる通り左上にキャンセルボタンがあります。

IMG_2309

押して、理由を選択すればキャンセルできます(Changed my mindを選べばOK)。キャンセル料はかかりません。(ただ、キャンセルしすぎは運転手に迷惑がかかるのでやめましょう)

PassAppを実際に使ってみた!

IMG_2303

実際にPassApp使ってみました。利用は簡単ですね、上記で説明した通り使えば問題なく乗れます。またPassAppはこんな感じでロゴとかステッカーつけているので、近くまでトゥクトゥクがきたらそれが自分の呼んだものと理解して間違いないと思います。

IMG_2304

こんな感じで設定した目的地を目指して走ってくれます。

IMG_2310

到着すると、アプリ上にリエル単価で値段が出ますのでアメリカドルに計算して支払いましょう!

PassAppの注意点

基本的にみんなトゥクトゥクに乗ると思いますのでそこを踏まえて注意点をこちらに残しておきます。

移動中に外を撮影しているとすれ違いざまにスマホをパクられる

PassAppだけに限った話ではないですが、トゥクトゥク乗りながら外の景色をスマホで撮っているとすれ違う原付の人にパクられてそのまま逃げられるというケースがあります。特に祭りの時は被害が多発するとのこと。

道沿いを歩いている場合もそのようなケースがあるそうなので、歩きスマホの際には十分注意して歩きましょう。

PassAppはバイタクの人たちに嫌われているので注意

PassAppは空港やカンボジアのイオンの旅行客を主な顧客にしているタクシーの運転手からすると、カサ増し請求などできないことから嫌われています。

空港やイオンの駐車場に呼ぶと、

  • PassAppの運転手が罵声を浴びる、乗る側は問題ない(殴られるとかそういう暴行をするわけではないです)
  • そもそも駐車場に入るのを怒られる

なんてことがあり、呼んでもはいれないことがあるので観光客に人気のエリアで呼ぶ際は道を一つ外れてから呼ぶと良いでしょう。またアカウント名は「Japan_◯◯」にしておくとPassAppの人が見つけやすくなるのでおすすめです。

リエルでの計算なので間違えずに!

運転手のスマホに表示される料金はアメリカドルではなく、リエルなので間違えてその額で払わないようにしましょう。カンボジアの文化としてチップがあまりないので、そんな高額なお金取られたりしませんし、親日なので教えてくれますが一応。

初乗り3,000リエルです、4000リエルでアメリカドルで1ドルなので計算して支払いましょう。

カンボジアでは端数をリエルで渡してくるので、買い物のお釣りなどでタクシー代を払うと効率的です。

カンボジアの人は基本地図が読めない

これ一番の問題なんですがPassAppで運転手も目的地知っていても、教育が行き届いてないので方向音痴が多いです。

そのため、もし有名な場所であれば乗る際にも場所の名前を伝えたり、有名でないところはちゃんといけるかGoogleMapで現在地チェックしながら乗るようにしましょう。

ちなみに、道間違えても高額請求とかはされないのでその点は安心して大丈夫です。

まとめ:PassAppを利用して快適なカンボジアライフを

PassAppを使うと、15分くらいの移動でも100−200円くらいしか使いません。逆にPassApp使わないと、倍以上払わないといけないのでホテルの近くにタクシーの人がいても、基本はアプリを使うようにしましょう。

もちろんタクシーの人の近くでPassApp呼ぶと怒ることあるので、少し離れて使うようにしましょう。