知らなきゃ損!東京のPHP案件の探し方・おすすめサイトの紹介

OpenClipart-Vectors / Pixabay Company Research

PHPが書ける人にとって、大切になってくるのは「案件の探し方」と「良質なクライアントの探し方」です。

今回は、僕が実際に探している探し方を紹介します。(僕はプログラミングができて、かつマーケターです。)

関連記事:【稼ぎ方】フリーランスエンジニアの仕事の探し方

関連記事:エンジニアが使うべき転職サイトまとめ

PHPの案件を探すのは超簡単、あとはうまく仕事を取る

PHPの仕事を獲得するのはとても簡単です。フリーランスの場合は特に、仕事がないとご飯が食べられなくなってしまうので、常に案件が集まる仕組みを作った方が良いでしょう。

少し前は、クラウドソーシングで集めるというのも多かったですがそれだと常に自分の仕事を自ら探し続けないといけないので大変ですよね。

  • 案件がまとまっているサイトを活用する
  • 周りがやっていない戦略で仕事を探す

これが大切になります。一回上記流れでうまくいくとあとは、PHPの案件をひたすら回して収入を増やすだけなので案件が増える仕組みだけ考えればOKです。

東京のPHP案件がまとまっているサイトまとめ

案件がまとまっているサイトを活用するために僕の方でおすすめサービスやサイトをまとめました。最低でもこちらをチェックしてみると良いでしょう。


  • Workship - 会計サービスfreeeを無料で使えるのでフリーランスには最高の環境
  • ITプロパートナーズ - エンジニア案件がたくさん集まっている。担当者みんな気さくで優しいです
  • レバテックフリーランス - 最大手。交渉力もあり、単価が高い案件が多い。

案件はこの辺りが紹介上手です。フリーランスにも優しい仕組みがたくさんあるので興味ある方が申し込みだけして案件を見て見ましょう。案件が気に入らなければ、メールなどもミュートしてしまえばストレスフリーです。

PHPの案件をなぜこのような会社が紹介うまいかというと、営業部隊がいてPHPの案件を代わりに一生懸命取って来てくれます。週2から仕事できるのでたくさんの仕事を受けたくない人も安心です。

PHPの案件はたくさんある。周りがやっていない戦略で仕事を探す

PHPの案件が先ほど紹介したエージェントからうまく回ってこないときは以下の方法を試してみましょう。

  1. 自分のポートフォリオサイトを作る
  2. Web制作会社にポートフォリオと価格帯をまとめてメールしまくる
  3. 気に入った会社から連絡がくる
  4. その会社の外注となる

これで、外注になれる会社を3−4社もっておけば安定的に仕事が入って来ます。

営業の際に利用したメール内容

以下の内容を自分なりに変えて送ればPHPの案件は取りやすくなるはずです。

初めてのご連絡となります。●●と申します。

私は、昔からエンジニアとして企業でWeb制作を行なっておりました。フリーランスとなり、Web制作会社さまの案件を受託で受けており、まだリソースに空きがありますので御社の依頼先となれないかと思いご連絡しております。

開発言語は、HTML/CSS/PHP となりWordPressの受託開発も得意としております。

実績はポートフォリオ example.com をご覧ください。

Web制作はたくさんのリソースが必要で、外注先を探している会社様も多いと聞きます。外注として仕事を受けた実績もありますので今までそのような経験がない会社様にも丁寧に説明してから作業を開始しております。

パートナーとして提携し、お仕事いただければ幸いです。ご多用かと存じますが、よろしくお願い申し上げます。

これを30社ほどに送り、5社とパートナー契約できた経験があります。面倒ではありますが、1回やってしまえば、あとは自動的に案件が降ってくるので作業すればするだけ儲かります。

知り合いには、月500万円稼いでいる人もいます。WordPressのカスタマイズはニーズがあるので儲かりますね。

PHPの案件が来すぎて、断るくらいの状況にできるようになる仕組み

上記の流れで、案件紹介してくれるエージェント・Web制作会社に自らアプローチすれば正直1案件も受託できないなんてことはあり得ないと思います。もし本当にそうなるのだとしたらまず自分のレベルが低すぎる可能性の方が高いです。

未経験からPHPを独学で少し触ったくらいでは、正直仕事は受けられないので面倒かもしれませんがプログラミングスクールに通ったり、自分でポートフォリオ用のサイトをたくさん作ってから仕事を再度探すようにしましょう。

断っても断っても仕事がくる仕組み

さらに忙しい状況を作り出すためには、自分の会社に勝手に連絡がくる流れが大切です。そのためにはSNSとブログの戦略が最高です。


  • SNS戦略 - 制作の豆知識を投稿してフォロワーを増やす
  • ブログ戦略 - PHPの疑問点をtetatailから引っ張って来て自分のブログで解決策を公開する

それぞれ深掘りして紹介していきますね。

SNS戦略

SNS戦略は、Twitterで仕事を受注する流れです。僕はTwitterから月に2−3件仕事の相談をしてもらっています。

これはTwitterでたくさんの方が興味を持ってくれる状態だからかと思います。エンジニアさんの場合は僕よりコミュニティ意識が強いと思うので

  • PHPの実際に受託してあった事件
  • 仕事をスムーズに進めるためのライフハック
  • 運用をする上で行なっておきたいこと

などを日々更新しつつ運用すればTwitterからも集客できるようになります。ただ、あくまで長期的運用が必要であるという考え方は忘れないようにしてください。簡単にフォロワーが増えた人たちの言葉を信じすぎないこと!

ブログ戦略

ブログ戦略は、意外と難しいですがハマれば勝手にお客さんが集まります。

  • Web制作に困っている会社が調べそうなキーワードリストを作る
  • そのキーワードリストでの上位化を目指して1記事ずつ書く
  • アクセスが増えてくれば相談や問い合わせが自動で入ってくる
  • さらにサイトのアフィリエイトやアドセンスの収益も増える

これは時間がかかるので、余力があれば進めていくくらいでOKです。ただ、とんでもない効果を生むケースが多いのでもししっかりやってみたい方は個別にご連絡ください。

ブログのコンサルティングもやっているため最短で成果が出る方法をご案内します。

PHPの案件を一人で回すと出てくる問題点はサイトで解決する

PHPの案件をフリーランスとして一人でやっていると様々な問題点が出て来ます。

・開発途中で自分ではわからないエラーを見つけた
・PHPのバージョンが上がって、勉強したいが案件をやりながらだと調べている時間を避けない

コレを解決するためには、素早く自分の悩みを聴ける環境が必要です、知り合いにエンジニアがいればいいですが、そんな簡単な話でもありません。

そんな時は、Teratailが便利です。質問をすれば現役エンジニアたちが優しく教えてくれます。過去に僕も質問をしたことがありますが、15分足らずで回答が来てとても助かりました。

また、コードレビューもある程度ならしてくれるので、秘密保持契約違反にならない程度ならコードを記入して質問をしてもOKです。

さらに収益を増やすコツは、PHP案件をできるエンジニアに外注化

上記を少しずつやってもらうと、出てくる問題点が「せっかく高額案件が来たのに自分では作りきれない」ときです。こうなったらやる戦略はただ一つ、そう外注化です。

エンジニアさんにとって、年収を大きく上げれられる可能性が高いのが、「マネジメント能力の向上」。これをできるようになれば、年収が上がるので思い切って外注化をしてマネジメント経験を身につけましょう。

外注化の具体的方法

外注化するためには、

  • 知り合いのエンジニアに仕事を受けられそうか聞く
  • SNSのコミュニティに案件探している旨を投下する

が手取り早いです。「SNSのコミュニティに案件探している旨を投下する」というのはFacebookやtwitterでエンジニアが集まるイベントやコミュニティが存在します(調べると簡単に出てくる)

そこに自分が受けれない案件を送って、食いついた人に連絡をとり、仕事が受けられそうか話します。

そのあとは、自分が進捗管理担当・依頼したエンジニアが実装担当ということで動いてもらいます。ちなみに、契約をしっかり結ばないと飛んでしまう可能性が高いので、契約関係はしっかり結びましょう。

「業務委託契約書」「秘密保持契約書」はネットに雛形が多いので、それを参考に作ればOKです。逆に作っておかないと飛ばれても請求できず、クライアント側から訴えられる可能性もあるので注意が必要です。

PHPの案件を外注するとどれくらい収益が変わるのか?

実際に友達のエンジニアに聞いてきたところ以下のように変わったようです。

外注前
1日8時間作業 月収60万円
外注後
1日2-3時間作業 月収130万円(利益ベース)

なんと、外注だけで倍以上儲かったというから驚きです。彼は、WordPressでのサイト制作受託をしていて、4社とパートナー契約をしており、信頼エンジニアを獲得して、外注しながらやばい時だけ自分が手を動かしているそうです。

これで収益が増えるのなら最高ですよね。もしこの感じに自分もなりたいという人は外注化を検討してみてくださいね。

まとめ:PHP案件を回して月収を増やそう

PHPの案件は、Rubyに比べて単価が安いものの、案件数がかなり多く稼げる確率も増えます。まずが先ほど紹介したエージェントに登録し、自分の現状を相談して見ましょう。最高の提案をもらえるはずです。

  • Workship - 会計サービスfreeeを無料で使えるのでフリーランスには最高の環境
  • ITプロパートナーズ - エンジニア案件がたくさん集まっている。担当者みんな気さくで優しいです
  • レバテックフリーランス - 最大手。交渉力もあり、単価が高い案件が多い。

みなさんが高いPHPの案件を取れることを楽しみにしております。