就職に強いプログラミングスクール3選|未経験でも転職して正社員になる方法

Free-Photos / Pixabay Company Research

「プログラミングを身につけて、正社員として転職したい」「フリーランスになる前に、プログラマーとして就職したい」という方にとっては、どうやってやればいいのかわからないというのが本音ではないでしょうか?

そこで今回は、実例を混ぜながら未経験でも成功する方法をご紹介します。

プログラミングのニーズについて

プログラミングの人材を求めている企業は年々増え続けています。

スクリーンショット 2018-09-02 11.02.19

引用:https://toyokeizai.net/articles/-/82666

ホリエモンとサイバーエージェントの社長も対談でIT界は人材不足だと声をあげています。また、人材が枯渇していることから業界の年収も徐々に上がってきています。

実際、業界のプログラマーとそれ以外の職種では年収の差が顕著に出ています。

スクリーンショット 2018-08-20 23.54.10

引用:https://www.bizreach.co.jp/

みてもらうとわかる通り、普通のサラリーマンや日本の平均年収である300万前後よりかなり高いことがわかります。

日本は高齢化社会がさらに加速するため、今後はもっと年収が上がってくる可能性もあります。

周りのプログラミングができる人の年収

僕の周りにもプログラミングできる人たちがたくさんいるので実際に5人に話を聞いたのをまとめてみました。

年収は700万ほど。PHPを書いてます (20代 エンジニア)

年収は、1000万超えてます〜。言語は、日頃Rails書いているよ(30代 エンジニア)

未経験からエンジニアになったけど今は450万くらいだねー、来年フリーランスになろうかと思っているよー(40代 エンジニア)

ここまで聞いた段階で、みんなやる気に満ちていると同時に年収の高さに驚きました。未経験でも450万もらっている友達は40代からエンジニアになったのに意外と活躍していてびっくりしました。

若者しか無理な印象があったので、これでもいけるのかとびっくりしました。なお、この方はプログラミングスクールに通ってから就職したみたいです。

エンジニアになって3年だねー、言語はPHP書いているけど年収は600万くらいかなー(仲良い友達 20代)

エンジニアだけどディレクターとしてみんなをまとめているよー、今はコード書いてないけど年収は余裕で1000万超えているよー(前の会社の先輩 30代)

エンジニアの次にプロジェクトマネージャーとかになると一気に年収が上がるみたいですね。エンジニアとしてずっとコード書きたくないという人はキャリアを積み上げて指導者の立ち位置になれると一気に年収が上がるみたいです。

プログラミングスクールに通って、正社員で転職できるの?

ここで「未経験でもプログラマーになれるの?」と悩んだ方も多いのではないでしょうか?

結論からいうと、可能です。ただ、自分で努力する必要もあります。

スクリーンショット 2018-09-02 11.26.32

上記は、よくあるプログラミングスクールの就職の流れを表したものです。独学で勉強してももちろんOKなのですが、それだと大手企業とかの転職がなかなか難しく、ノウハウもないといい企業への就職が難しくなります。

逆にプログラミングスクールに通ってから就職支援をしてもらうと、サイバーエージェントや有名なアプリ会社・ゲーム会社・プロダクトが強い会社に就職できます。

独学で就職していった友達もいますがやはり「就職がかなり大変だった」という話も聞きます。もしこだわりがない人は、プログラミングスクールを利用すると良いでしょう。さらに、今なら無料で通って就職支援までしてくれるプログラミングスクールがあるのでご紹介します。

未経験でも就職に強い!プログラミングスクール一覧

さて、未経験に強いプログラミングスクールを3つご紹介します。

20代ならおすすめ!無料で通えて就職支援もしてくれる「GEEKJOB」

スクリーンショット 2018-09-02 11.41.35

https://camp.geekjob.jp/

おすすめポイント:
最短就職にも強い!無料のスクールの中ではサポートも充実

GEEKJOBは、無料でプログラミングも教えてくれて就職支援までしてくれる会社です。もし今、会社に勤めていてエンジニアに転職したいと思っている方にもスケジュール管理をしっかりやってくれます。

スクリーンショット 2018-09-02 11.45.56

空き時間や土日だけの通学もできるので、未経験で転職したいがお金はないと困るから働きながら勉強したいという方にも対応しています。ここが他のスクールにはない手厚いサポートです。

最短1ヶ月での就職実績もあるので、スピーディーに転職したい方にもおすすめです。

GEEKJOBの強み

  • 現役のプログラマーにいつでも質問できるので悩みをそのままにしない
  • 自分だけの制作実績が作れるので、就職の際のポートフォリオ作成もできる
  • 500社以上の会社から就職先を紹介してくれる

一日無料体験も行なっている

スクリーンショット 2018-09-02 11.52.47

簡単なコーディング課題をもらって勉強することも可能です。これを使えばGEEKJOBの空気感や本気度を理解できるのでもし困っている方は、行ってみると良いでしょう。比較検討ばっかりで、なかなか申し込めてない人は時間を無駄にしているのでまずは無料でできることをどんどんやっていきましょう。

Railsの転職特化型スクール「POTEPAN CAMP」

スクリーンショット 2018-09-02 12.04.12

https://camp.potepan.com/

Ruby on Railsを勉強して転職する特化型のスクール「POTEPAN CAMP」です。こちらは無料ではないですが転職が決まれば全額キャッシュバックしてくれます。

スクリーンショット 2018-09-02 12.07.19

高品質なコードを3ヶ月で学べて、未経験からでも開発エンジニアとして働くことができます。実際、3000名以上のエンジニアに選ばれた転職支援ノウハウをが詰め込めたスクールなので、こだわりが強い「品質の高い就職用スクール」を求めている方にはぴったりだと思います。

POTEPAN CAMPの強み

  • 3000名以上のエンジニアに選ばれた転職支援ノウハウ
  • 非公開求人も含めると1000件以上から紹介してくれます
  • 無料で面談対策も行なってくれます

就職したいと思っている方達にとって、面接対策をしっかりやるかどうかでいい企業にいけるどうか決まると言っても過言ではないのでこれから就職したい方達はPOTEPANで勉強することは最短距離を走れることと同じだと理解してもらって間違いありません。

注意点

本来1番上に紹介したい会社なのですが申し込みの際に

  • 未経験なら20代、エンジニア経験者でRails勉強した人は30代まで
  • MacのPCを持参できること
  • 初期に10万支払うこと(就職できると全額返ってきます)

これが条件となるため、今回2番目に紹介させてもらいました。もしこの条件が問題ない人は、ぜひPOTEPANで学んでみてください。

転職できなければ全額返金「WebCampPRO」

スクリーンショット 2018-09-02 12.29.42

http://web-camp.io/pro/

WebCampPROは就職できない場合全額返金してくれるプログラミングスクールです。転職成功率は98%と高確率で転職できる仕組みになっています。

チーム開発の経験や実際の開発に近い環境で勉強できるため転職してからもスムーズに働くことが可能です。

スクリーンショット 2018-09-02 12.37.35

3ヶ月目にはオリジナルアプリを作り始めますので、スピーディーに転職したい人にはうってつけです。

WebCampPROの強み

  • 好きな時に通い放題、講師に質問し放題
  • 11時 ~ 22時 教室通い放題
  • 約10種類の 手厚いサポートがある

プログラミングスクールによっては定休日が存在するので毎日空いていると、継続しながら学ぶことができますね。

注意点

  • 転職できない場合は、費用負担がある(返金がない)
  • 支払いが少し割高である 498,000円

こちらはメリットであり、デメリットなのですが就職できれば全額返金ですが就職できないと返ってこないので、継続して取り組めない、途中でやめてしまいそうなんて方にはおすすめできません。ただ、転職サポートは充実しているのでやる気がある方、初期費用が払える方にはおすすめのスクールです。

「プログラミングスクールに通って正社員」になるために身につけておくべきマインド

プログラミングスクールに通って正社員に本当になれるの?と悩んでいる方も多いですが結論から言ってしまうと「可能」です。

理由は、実際に僕もプログラミングスクールのDIVE INTO CODEさんに通いながら就職を決める人たちをみてきましたが、主婦やフリーター、IT全くの未経験という方でも勉強してエンジニアとして転職していく人たちがたくさんいました

実体験があるからこそ「プログラミングスクールに通って、就職」ということがスタンダートになりつつあるんだなーとびっくりしていると同時に、

  • 年収が低い
  • キャリアが不安
  • どうやって生きたらいいかわからない

という方には最高な環境だろうなと思います。正直僕が大学生の時にあったらどれだけ嬉しかっただろうかと…。

必要なマインド

正社員になるためにまず必要なのは、プロとしてのマインドです。「正社員だから聞けばいい」ではなくて、「正社員としてプロのエンジニアになれるように努める」この考え方を持つことがとても大切です。

例えば、プログラミングスクールで学んでいるときには、

  • 今日必ずこのメソッドを覚える
  • 毎日2時間は勉強する
  • これから3ヶ月以内にRailsでオリジナルアプリケーションを作る

という考え方を持っているかどうかで正社員になってからも活躍できるかどうかが決まりますし、そもそもそういう決断力や継続力がある人しか会社も雇いたくないと思っています。

この前エンジニア面談をよくしている人事の方にお会いしましたが、

「経験も大事だけど、常に成長したいと思っている方でないと採用したくない」

と言っていました。つまり、今は技術がなくても継続したい、成長したいと思っていれば就職も問題なくできるということです。

フリーランスになりたい人もまず就職するというアイデアを大事にすべき!その理由も解説

この記事を読んでいる人の中には、「できればフリーランスより正社員がいい」と言っている方も多いと思います。実際問題、フリーランスで稼いでいくことも可能ですが、難しいというのが本音です。

関連記事:【稼ぎ方】フリーランスエンジニアの仕事の探し方

また一時的には稼げても、知見やノウハウがないといきなり稼げなくなるということも多数あります。それは、なぜか、答えは簡単で発注側の意図を汲めないからです。

いきなりフリーランスになると、どのように開発陣が動いて作って直しているかの上流から下流への流れがわからないため意味がわからな説明やコーディングをしてしまうケースがあります。

フリーランスは、自由に活動してお金を稼げるのでおすすめではあるのですができれば安定して稼げるフリーランスになって欲しいと思っています。

そのためには、企業がどのように開発チームを作って開発しているかを知る必要があります。となると「正社員で一旦働く→フリーランス」という流れもとても良いと思います。

これからフリーランスを目指す人は、まず正社員として1年働く、そんな考え方もありなのではないでしょうか?

関連記事:エンジニアが使うべき転職サイトまとめ|経験者が55種類分析して比較しました!

まとめ:正社員は意外と簡単になれる、ただそのあとの努力が大事

プログラミングを勉強して転職することは意外と簡単です。ただ、そのあとの継続的な勉強と今の環境を必ず打破してやろうという気持ちがある方でないと、エンジニアで美味しいご飯を食べることは難しいと思います。

しかし、これから年収を上げていくためには今のままではなく何かしらのスキルをつけていかなければなりません。停滞は、一気に士気も年収も下げる危険性があります今この記事を読んでやる気になっている方は、その気持ちをそのままにまずは無料相談に足を運びプログラミングスクールがどんなところか調べに行ってみてください。

きっと最高の環境に気づいて、一層やる気になると思いますよ。