未経験からマーケティング職につく方法|素人からの転職経験者が解説します

slightly_different / Pixabay Company Research

マーケティングを仕事にしたい人たちの一番多い悩みが「自分がマーケティングやったことないけど、お金をもらいながら仕事をしたい..。ただ、未経験でも働けるのかな?」というものです。

僕は、みなさんと同じように未経験でした。そこから転職してマーケターになりました。今では自分でクライアントのマーケティング活動をサポートしながら仕事しています。

この記事が、マーケターになりたい方の参考になれば幸いです。

未経験からマーケティング職に転職するのは正直難しい

まず、正直に言います。転職していきなりマーケターになるのは簡単ではありません

理由はシンプルでどの会社も未経験ではなく、経験者が欲しいからです。特にマーケターは一番売り上げに貢献するWebの取り組みを行う仕事です。大規模組織ならやっぱり収益を作れる経験者マーケターの方が好きなはずですね。

正直、マーケをかじってたくらいでも難しいと思います。経験者でも転職が難しい点は「マーケターが転職するときに使うべきサイト|現役マーケが実際におすすめを比較」にまとめています。

では、どうやって未経験の人がマーケティングを仕事にしていくのか。その方法はシンプルで「少しの遠回りと最短ルートを目指す」ということです。対局の言葉を使って意味がわからないと思うので次で説明します。

未経験マーケターが難しいなら最短ルートを通るしかない

未経験からマーケターになるための方法は2つしかありません。

  • 今の会社でジョブチェンジする
  • 未経験マーケターでもいいよと言ってくれる会社に入る

どちらの方法でも必須になるのは今の仕事をしっかりやれているか、これが全てです。社内ジョブチェジの場合は、中途半端な仕事しかしない人にマーケターは正直難しいと思います。転職する場合も実績がないと、基本的には雇ってもらえません。

むしろ雇ってくれる会社は本当に人が足らず、ブラック企業に近い危険性もあります。「本当に人がいないから誰でもいいから採用しよう」という魂胆が透けて見えてきます。実績がないのにすぐに内定を出してくれた会社がもしあったらしっかりリサーチしましょう。

この会社大丈夫かな?と不安な方はTwitterから気軽にDMいただければ相談に乗ります。

最短ルートはどうやって攻めるのか?

社内ジョブチェンジをする最短方法は「ここまで成果を出せたらジョブチェンジさせてください」と上司に宣言することです。これでOKと言われたらまずそこまで成果を出せるように本気を出します。

で、本気を出し成果達成したらすぐジョブチェンジを打診します。これを断られたら、退職をしましょう。そうするとジョブチェンジをしてくれる可能性も出てくるので「相手のもう少し待って」は無視して約束を果たしてくれるように努めます。

で、退職宣言しても止められなかったらその実績を元に未経験マーケター求めている会社に行きます。すでに実績があるので履歴書の作成も作りやすく相手にも伝わりやすいです。

未経験マーケターって本当に求人があるのか?

結論から言えば、あります。

そして、マーケターは本当に人材が枯渇しているので未経験でも育てて行きたいという会社がたくさんあります。

ただ、条件として前職で何かしらの実績を出していることということに関しては間違いなくどの会社もあるので少し遠回りですが転職を成功させるために現職で成果を出しましょう!そしてその成果を持って、転職をすぐすることで最短距離でマーケターになりましょう。実績出さずに転職活動するのは正直遠回りです。

マーケティングと言っても職種はたくさんある。未経験からどの道に行くのかをしっかりと決めよう

マーケティングをすると言っても職種がたくさんあり、それから選択していかないと職種はマーケだけどやりたいことではなかったという悲惨な結果になってしまいます。

個人的には、以下の職種がマーケとしてキャリアアップ見込みやすいのでオススメです。

  • SEO対策
  • リスティング運用
  • SNS広告運用
  • SNSアカウント運用
  • YouTubeチャンネル運営
  • メルマガ
  • ASO(アプリのSEO)

ちなみに僕は全てできるので、現状は求めなくても定期的に一緒に働きたい人から連絡がきます。自慢ではなく、これをみなさんにも目指して欲しいということです、それが最終的に求めるマーケティングの形だとおもいますので。

SEOに関してはトレンドが変わりやすく、最新情報が求めれられるためTwitterで定期配信しています。気になる方はご覧ください。

未経験でも採用されやすいためにやっておくべきこと

未経験でも、採用されやすいためにやっておくと良いことがあります。それは、副業です。

副業をしておくと、もし万が一会社以外の実績を求められた時に副業の実績があると尚良いです。では、どうやって副業の実績をつけていくのかそれについて深掘りして紹介します。

SEO系で未経験マーケターになるならブログを始める

SEO系なら自分でブログを作って、記事を書いておくと良いです。狙ったワードで上位表示できるとそれを実績にできます。やった人と全くやってない人では企業もやった人の方が嬉しいので、採用率が高まります。

尚、すでにブログをやっているという人はアフィリエイトでも成果を出しておくと尚良いです。「月10万円稼いでいます」というのも十分すぎる実績です。

アフィリエイトで成果を出すためには、大手のASPに登録して紹介できる案件をたくさん持っておくことが大切です。

上記は最低でも登録しておきましょう。後からやろうではやらないので本当に転職した人はすぐやりましょう。

尚、ブログを持っていない人は、無料ブログでもWordPressでもいいので始めましょう。大事なのは、上位表示した経験です。

リスティング・SNS広告を未経験で転職するのは割と簡単

運用系の転職は割と簡単です。

大手の会社であれば未経験でも募集しているので、気になる会社に就職し実績を積んだら環境のいいところや事業会社のマーケターに転職すればOKです。

よほど大きい広告アカウント以外であれば未経験でも数ヶ月勉強すれば改善の流れもわかってくるのでSEOに比べると転職は簡単と言えます。SEOは本当に経験者でないと難しくなってきました..。

SNS運用やYouTube運用のマーケティングを未経験から始めるのはかなりしんどい

正直これは、かなりしんどいと思ってもらってOKです。SNSの場合、すでに自分の個人アカウントで万単位のフォロワーがいる人でないと実績を持っての転職は難しいです。

また経験者でも統計よりセンスが問われる部分なので厳しさはSEOやリスティングの比ではありません。

ただ、若者の方が大人より比較的運用がうまいケースが多いので第二新卒くらいまでの子であれば年齢とセンスのゴリ押しで未経験でも転職できる場合があります。

転職サイトも念のため登録して「マーケティング未経験OK!」に片っ端からん連絡をとる

転職サイトを毛嫌いする人がいますが、未経験でもOKな求人を探すためには求人サイトはとても便利です。僕も未経験から転職の際には、転職サイトを活用し成功しました。

いい人事の方にも恵まれて、転職活動のプロやエージェントの方に相談を聞いてもらい進めていました。未経験でもマーケターになれたのは転職サイトのサポートがあったからと言っても全く過言ではありません。

今回は、僕が実際に利用してオススメする転職サイトを紹介します。

IT・Web転職サービスのマーケターになるなら【レバテックキャリア】

スクリーンショット 2018-09-11 23.15.52

公式サイト:https://career.levtech.jp

レバテックはITの転職に強い求人サービスです。未経験でも就職できる会社の紹介もしてくれるのでとても助かります。

実際に僕も転職の際は利用しましたが担当者の方が優秀でIT知識を色々勉強させてもらいました。ITについて深く知りたいなんて人にはぴったりのサービスです、無料なので登録して話を聞きにいくと良いでしょう。

MIIDASで自分の業界平均年収を知る

スクリーンショット 2018-09-10 11.51.29

公式サイト:https://miidas.jp

MIIDASは質問に答えるだけで今の自分の業界平均年収を知ることができます。

未経験だとどれくらいなのかを知れるきっかけにもなるので登録して質問に答え、平均年収をチェックしてみましょう。

まとめ:マーケティングはやっぱり面白い

もうすぐマーケターとして3年が経とうとしています。何よりマーケティングは面白いです、エンジニアや営業も少しだけかじったことがありますが数値を扱うことで売上をガンガン上げられるマーケティング、間違いなく面白いです。

もしこれから未経験でマーケターになりたいと思っている方は、ぜひおすすめのサイトをつかったり社内ジョブチェンジをしてみてください。もしそれでも解決しない方は、気軽にTwitterのDMからご相談ください。お悩みにも経験談からお答えします!