indeed運用代行会社5選|おすすめの業者をまとめてみました!

スクリーンショット 2018-09-16 18.22.53 Company Research

indeed運用代行会社はみなさんご存知でしょうか。人事や採用をするかたは一度は聞いたことがあると思います。

マイナビ転職などの求人量は9000件程度ですが、indeedは80万件以上の圧倒的な膨大量の求人の中から検索することができます。

indeed広告はどこからどこまでが有料か無料か分かりにくい部分があります。そこで利用したいのが代理店になるわけすが、代理店はどのようなところがあるのか悩んでいる経営者や、人事担当者も多いのではないでしょうか。

今回はその代理店の中から数社を厳選しご紹介していきます。

一般的な求人広告とindeedの違いとは?

スクリーンショット 2018-09-16 18.24.06

indeedは求人も多く扱っていますが、求人検索型エンジンになるので求人サイトとは違います。

indeedだとSEOに強いこともあるので無料で掲載がしたいとコストカットしたい場合はオススメです。

求職者側のメリットとしては会員登録なしで気軽に利用できる点と一度に複数の求人が探すことができます。

企業側もその点、一般的な求人広告をだすよりも応募者の数も増やせ、なおかつ応募者がどのキーワードで検索したのかデータ収集もできます。またindeed広告は無料広告枠に比べて有料広告枠ですとクリック数は5倍にもなります。なので中々求職者が集まらず困っている場合は有料枠のご利用をオススメしています。

indeed代理店の特徴は3種類

indeed代理店といっても3種類あります。

  • 求人広告代理店
  • ネット広告代理店
  • 経営コンサル系

の3つです。

求人広告代理店

求人広告代理店系は、マイナビ・エン・ジャパンなどの採用媒体を主に営業しています。日本でもっとも求人広告に触れているといえるでしょう。

ただ営業マンによる営業力はとても強いのですが、ネット広告の運用の知識が他社に比べると弱い部分はあるかと思います。indeedによるネット運用をする代理店も多いため、事前にindeed運用の実績を見せてもらうことをオススメします。

ネット広告代理店系

ネット広告代理店系は、普段からヤフーやグーグルといったリスティング広告運用をしている会社が多いです。リスティング広告の運用をおこなっている代理店はindeedも併用している可能性もあります。一度、indeed運用の取扱いがあるか確認してみてください。

ネット広告事業がメインの代理店も多いため、採用に関してのノウハウが少し弱い点が挙げられます。ここでも大事なのはindeed広告での実績の確認になります。どれくらい知っているのか、予算などを事前におさえておきましょう。

経営コンサル系

企業目線での求人ノウハウの他にも求職者目線でのノウハウもありWebでの広告業界ではプロともいっていいです。

データをindeedの表示に合わせSEO対策までおこなってくれる会社や大量の求人情報情報が必要な会社のために、求人サイトの構築とASPの管理画面から簡単にデータフィードを作成してくれる会社もあります。また、どうすればクリック数が増えるか、業界別のデータも持ち合わせているため成果に繋がりやすいことも経営コンサル系の利点の一つですね。

数だけでいうと代理店の層は分厚いでしょう。ただ求人広告会社よりは求人数が少ないことと、ネット広告代理店に比べるとリスティング広告の実績は低いといえます。

indeed運用代行を使うメリット・デメリット

メリットとデメリットについても確認しておきましょう。

メリット

なんと言っても本来の採用業務に時間を割くことができます。代理店側に運用を任せ広告費が減った事例もあるようです。

代理店を利用すれば有料で広告を出す際、毎日細かい調整も不要、運用のための自社独自のノウハウなども作れるなどメリットがあります。

デメリット

代理店を探す手間や連携する時間がとられます。

代理店側にどのような人材を探しているか明確に説明しなければいけません。indeed内では、無料でも広告を出せるため予算を割きたくない企業には代理店は不向きです。

indeed運用代行会社まとめ

indeedを代行してくれる会社は徐々に増えてきています。気になる会社にはまず見積もりを取ってみるようにしましょう。

株式会社ジャックアンドビーンズ

スクリーンショット 2018-09-16 18.35.04

http://www.j-mamenoki.co.jp/

こちらの会社では、採用だけでなく集客も気になるという顧客のためにリスティングの無料アカウント診断をおこなっています。(限定との表記があるため終了時期については未定です。)

また、サイトに運用費用月額3万円からと記載があり、こちらに別途広告費が上乗せされる仕組みになっています。月額ということは、広告費用に対してかかってくる金額ではないのでより多くの求人をindeedに掲載するのであれば安くなる可能性は高いです。

株式会社ジャックアンドビーンズは、indeedから認定されているため質の高いサービスが受けることができます。

インビジョン株式会社

スクリーンショット 2018-09-16 18.36.03

http://www.invision-inc.jp/

インビジョン株式会社のサイトはとても見やすく、indeed広告についての記事も豊富なためあまり代理店についてはよく分からない企業にとっては参考になる点がとても多いです。

インビジョン株式会社は運用費用が広告費の20%となっておりSEOに特化したライティングで上位表示されることを意識しています。その他にも応募者を増やすための提案・改善を積極的におこなっています。

バリューエージェント

スクリーンショット 2018-09-16 18.38.10

https://valueagent.co.jp/

Webコンサルに特化している大阪を拠点にしています。運用だけでなくWeb担当者がいる場合はコンサルティングも行っているようです。

強みは、SEO・リスティング・サイト改善などが挙げられます。リスティング広告運用もしっかりとおこなっておりWebマーケティングを使った集客支援をメインにしている会社です。

株式会社ネットオン

スクリーンショット 2018-09-16 18.41.21

https://neton.co.jp/

株式会社ネットオンは業界の中でも金額は安いようです。(集客などの費用は別途かかってきます。)また採用ページにかかる時間もツールを使用しており無料作成にも関わらず、完成はわずか数分となっています。

有料で広告運用をするとはいえ、費用をかけることができない企業にはうってつけといえます。

株式会社K2コミュニケーション

スクリーンショット 2018-09-16 18.45.22

https://k2c.co.jp/

株式会社K2コミュニケーションは、関東・中四国にオフィスがあります。また、料金はプランによって異なりますが初期設定費3万円のほかに、月額3万円または広告費の20%と記載があります。なにより改善がみられないなら料金は全額返金してもらえるようです。

相談は無料でおこなってくれる点や関東・中四国であれば無料訪問をおこなっているため気軽に相談できます。実績の特設ページもあるので事前に確認してみてくださいね。株式会社K2コミュニケーションもindeedの認定パートナーということもあるため安心感があります。

まだまだ紹介しきれないくらいある広告代理店

また他にも求人広告だけでなく人材派遣業含め大手の求人メディアの取扱もある創業15年以上の株式会社ネオキャリアなど、他にもまだまだたくさんの広告代理店も存在します。

各会社によって強みも弱みもあるため何社かリストアップしてから相談することをオススメします。

まとめ:indeedの運用は手間がかかるので予算があれば外注化を検討しましょう。

いかかでしたか?indded運用代行会社を利用する際、まず自社でどれくらいコストをかけられるか把握した上で代理店に任せるのか決めたほうがいいでしょう。indeedは求職者を増やしたい、求人費用を抑えたいのであれば最適なツールといえます。

検索者がどのようなキーワードで調べたのかなどのデータも取れるので非常にオススメです。是非この機会に利用を検討してみてください。