Javaの無料プログラミングスクール一覧|0円のおすすめサービスを紹介します

Pexels / Pixabay Company Research

Javaの無料スクールが増えてきたので今回紹介します。これを利用することで未経験でもプログラマーになることも可能です。

今回はおすすめのスクール順に紹介して行きます。

関連記事:【稼ぎ方】フリーランスエンジニアの仕事の探し方

関連記事:エンジニアが使うべき転職サイトまとめ

Javaの無料プログラミングスクール一覧

0円スクール

スクリーンショット 2018-09-19 16.33.04

公式サイト:https://zero-school.com/

無料面談可能なJavaスクールです。

0円スクールはその名前の通り、無料で未経験からプログラマーになれるサービスです。入学者の79.1%がプログラミング未経験者というから驚きです。

実際に僕もスクールの教室まで行ったことがあるのですがアクセスもよく、通いやすい環境と清掃が隅々まで行き届いていて「ここなら通いたいなー」という感じでした。

Javaは仕事単価も高いので、0円スクールで学んでそれから就職して高収入を狙うというのが良さそうです。

他の言語だけど無料:ポテパンキャンプ

 

スクリーンショット 2018-09-02 12.04.12

公式サイト:https://potepan.com/

少し他の言語になってしまうのですがおすすめの言語「Ruby on Rails」のプログラマーになれるサービスです。こちらももちろん無料で、Webサイトを作りたい人なんかにおすすめです。

3ヶ月で実務ができるようなレベルまでになり、転職が決まれば払った額全額返ってくるので、未経験からエンジニアになりたい人にはかなりおすすめです。

初期費用10万円だけかかりますが、Javaに比べて人気の言語を実質無料で楽しめるのは魅力的ですね。

 プログラマースクール:グッドワークス

スクリーンショット 2018-09-19 16.32.27

公式サイト:https://www.good-works.co.jp/pg-school/

グッドワークスは、無料で通えるスクールです。運営元は、株式会社グッドワークスという会社でエンジニア支援を積極的に行なっている会社です。

カリキュラムがしっかりしていて未経験者も歓迎してくれるスクールです。気になるかたはチェックしてみると良いでしょう。

Progate

スクリーンショット 2018-09-19 16.31.47

公式サイト:https://prog-8.com/

プロゲートはオンラインで無料学習ができるサービスです。HTML/CSSから他の言語もできます。いいサービスなのですがスクール型ではないためやる気がなくなるということと、実際に開発始めた時に何をどうしたらいいかわからないという現象に陥る場合が多いです。

プログラミングでわからないことがあった時のために無料で質問できるサービスteratailにも登録しておくとデメリットを解消できる可能性もあります。

paiza

スクリーンショット 2018-09-19 16.31.16

公式サイト:https://paiza.jp/works

Progateに似たサービスですね、オンラインで勉強をすることが可能です。3分動画で毎日続けられるところがメリットなので気になる人は登録してみると良いかもしれません。

Javaに関しては入門編だけでは、実践に使えないので独学でもやっていく必要がありそうです。Javaの本格的なエンジニアになりたい人は0円スクールを利用する方がいいですね。

Javaを学んでできるようになること

Javaは有名な名言があり「Write once, run anywhere」とよく言われています。意味は、「一度プログラムを書けば、どこでも実行できる」という意味でJavaの言語の特性をうまく表しているとも言えます。

簡単にいうと、Javaは環境に依存せずPCやスマホ・家電・IoTでもどのような環境でも実行できるように開発されています。なぜかというと”Java Virtual Machine(JVM)”という翻訳プログラムのようなものがあり常に適応した環境で命令を聞いてくれるからです。便利なんです、、、Javaって。

AndroidアプリやWebサービスまでJavaで作ることが可能です、つまり学べば学ぶほど作れるものが多くなってきています。

Javaを無料スクールで学ぶメリット

Javaを無料で学ぶことのメリットは以下の通りです。

  • お金がない人でも始められる
  • 無料のスクールが増えているので、むしろ使わないと損

結論「お金がないから勉強できない」は嘘になっているということです。Javaのプログラマーなら今無料でも十分目指せる環境が整っています。

逆にJavaプログラマーとして働きたいのが決まっているのに、有料のスクールにいくのはそこまでメリットないです。教室が広いとか、サポート人数が多いくらいの話でメリットを感じるのは難しいと思います。

Javaの無料スクール申し込みの際の注意点

Javaの無料スクールを使うメリットについては説明しましたが、注意点は1つだけです。「無料スクールは基本的に就職をゴールとしている」ということです。

つまり就職の紹介料で運営しているケースがほとんどなので、学んだけど一切就職する気ありませんーという方には向かないと思います。むしろ断られるケースもあります。そのため、おすすめの使い方としては、現状のキャリアに満足していないから他に行きたいけど何をしたらいいのかわからない、そうだエンジニアになろうという方が利用するのを推奨します。

就職を考えていないという人は、「【無料アリ】国内のプログラミングスクールをまとめてみました!【おすすめ・副業にも活かせる!】」にプログラミングスクールについてまとめているのでチェックしてもらうと良いでしょう。こちらは有料のものがほとんどですが、その代わりに就職を強制されることもないので安心です。

無料をとるか有料をとるかは自分のキャリアに合わせて選択すると良いと思います。

まとめ:Javaを学んで手に足つけよう

Javaは、これからまだまだ稼げる市場が残っています。現在、フリーターやニートでエンジニアに憧れている方も就業中でキャリアチェンジしたい方も無料でやっているスクールを活用した就職活動は、大きく年収をあげるチャンスがありますし、PC1台で将来仕事をできるチャンスがたくさんあります。