TikTok運用代行会社のおすすめをまとめました!【15秒でPR!】

スクリーンショット 2019-09-13 13.06.46 豆知識

 

TikTokでPRをしたいけどどうやってやるかわからないし運用してくれる会社はないかな?

 

TikTokは今や全世界10億ダウンロードを超えて世界的にも大ヒットしているアプリです。
15秒で音楽とダンスを合わせて簡単に動画が投稿、視聴できる手軽さ、何より「エモさ」が魅力で10代〜20代の若者には絶大な指示を集めています。

5大SNS(Twitter・Instagram・LINE・Facebook・YouTube)と比べると浸透具合は低いもののこれから注目度が高まっていくことは間違い無いです。

日本ではまだTikTokを始めている企業は少ないものの、本場の中国では企業がこぞってTikTokをしておりしのぎを削り合っています。

ただ、15秒で動画を作成しなくてはいけない分「センス」が大きく問われてきます。感性豊かな若者であればサックっと作ることも可能なのかもしれませんが、誰にでもできるわけではありません。

今回はそんなTikTokの運用を代行してくれる会社をまとめてみました。TikTokの運用に興味のある方はぜひ参考にしてみてください。

TikTok運用代行って何?

photo-1533022422823-39f3ad778be4

まずはTikTokの運用代行にどんなことをしてもらえるのかをご紹介します。

TikTokは

ユーザー数:850万人
1日の起動回数:6回
平均視聴時間:41分
月の再生回数:130憶回
性別割合:女性71%/男性29%
調査データ|MMD研究所

と女性にリーチしやすく冒頭でもお話ししたとり若者から絶大な指示を集めています。

TikTok運用代行は

・動画の作成
・動画の投稿
・いいねの管理
・コメントの管理
・場合によっては広告の出稿
・レポートの提出
・改善案の提案

などTikTokの運用を文字通り代行してくれます。
ただ、全てを運用してくれる会社はまだ少なく、多いのは「広告の出稿」がメインとなっています。

広告の出稿については下で詳しく解説しますが、費用が高くサクッと「TikTokに広告出してみる??」なんてわけにはいかないので注意が必要です。

TikTok運用の成功例

日本ではまだ企業がTikTokを始めている例は少ないのですが、TikTokの本場でもある中国では様々な企業から政府、政党までがTikTok利用してプロモーションをおこなっています。

そもそも中国ではYoutubeが使用できないので他の動画プラットフォームとしての動画プラットフォームが注目されていました。そして、

中国の「自撮り大好き」な国民性×15秒で誰でも手軽に配信できる

ことがマッチして浸透してきました。

そこに企業が目をつけて企業アカウントを作り始めたといった形ですね。日本ではまだ例が少ないため、マーケティングの勉強としては中国のアカウントをチェックしたら勉強になるかもしれません。

日本ではハッシュタグを利用したプロモーションが行われています。

スクリーンショット 2019-09-13 12.49.56

公式サイト:https://evercolor.jp/cam/

TikTok運用代行会社もおすすめ

ではおすすめのTikTok運用代行会社をご紹介していきます。

DYM

スクリーンショット 2019-09-13 12.50.55

公式サイト:https://dym.asia/

Webマーケティングをメインに人材事業、研修事業、エグゼパート事業、海外医療事業、ウェルフェアステーション事業 等などを一手に担っている会社です。

Tik Tokの運用代行を2019年3月にいち早く開始しました。
もともとSEO事業やリスティングなどを得意にしている会社なのでそのノウハウを生かして運用をしてくれます。

費用や詳細は公式サイトにのっていないのでお問い合わせが必要です。

オースタンス

スクリーンショット 2019-09-13 12.52.59

公式サイト:https://ostance.com/

動画コンテンツの作成を得意としている会社です。もともとクリエイティブな動画作成を得意としていましたがそのノウハウを生かしてTikTokの動画クリエィティブ作成をしてくれます。

振り付け×楽曲×映像×TikTokerを掛け合わせて一気通貫型制作をしてくれます。TikToker育成もおこなっているので自社TikTokerを育成したい際はぜひ

アンドゼン

スクリーンショット 2019-09-13 12.54.32

公式サイト:https://andthen.co.jp/

もともとはインスタグラムの運用をメインにおこなっている会社です。

支援しているダンスボーカルグループのアカウントのフォロワー数が開設後2週間で1万フォロワーを突破。その実績を生かしてTikTokの企画や動画作成、撮影をしてくれます。

雑誌のインタビューを受けるなど今注目の会社です。

トピカ

スクリーンショット 2019-09-13 12.55.20

公式サイト:https://topica.co.jp/

料理動画メディア「GOHAN」を運営している会社です。

2018年1月にGOHANのTikTokアカウントを解説し運用開始から3ヶ月後には12万フォロワーを達成しTikTok 総選挙2018「美食(グルメ)部門」で優秀動画賞を受賞した経歴があります。

そのノウハウを生かしてTikTokのコンテンツを作成してくれます。実績は抜群ですね。

WINNING FIELD

スクリーンショット 2019-09-13 12.56.07

公式サイト:https://winningfield.net

Webコンサルティングやリスティング、SNS運用を得意としている会社です。

TikTokの運営元でもあるBytedance株式会社と広告代理店契約を結んでおり信頼感はピカイチ、広告の種類に合わせた的確なマーケティングをすることができます。

Glad Cube

スクリーンショット 2019-09-13 12.57.28

公式サイト:https://www.glad-cube.com/

リスティング広告を得意としている会社です。そのほかにもSNS運用をしています。
そのノウハウを生かして広告運用をしてくれます。

動画コンテンツも作成してくれるので依頼をすればコンテンツ作成もしてくれます。

インビジョン

スクリーンショット 2019-09-13 12.58.45

公式サイト:https://www.invision-inc.jp/

志 × 採用 × ITを掛け合わせて採用マーケティングをおこなっている会社です。広告業もおこなっており、TikTok広告も扱っています。

Social Media Lab

スクリーンショット 2019-09-13 12.59.34

公式サイト:https://gaiax-socialmedialab.jp/

SNSの運用を得意としており、自社メディアでもSNSについての情報を発信しています。

TikTokの運用はサービス案内に書いていないのですが、自社メディアには詳しく書かれているのでお問い合わせをしてみると良いですね。

Herman Dot

スクリーンショット 2019-09-13 13.00.25

公式サイト:https://hermandot.co.jp/

Web広告の運用やSNSマーケティングを得意としている会社です。インフルエンサーマーケティングをおこなっており、その一環としてTiktokも活用してくれます。

動画コンテンツの作成もしているようなのでコンテンツも依頼できるでしょう。

TikToc Ads Japan

スクリーンショット 2019-09-13 13.01.12

公式サイト:https://tiktok-ads-japan.jp/

TikTocの直接の運営元です。広告を出したいならばお問い合わせをすると良いですね。
コンテンツはもちろん自社提供しなくてはいけません。

TiKTok広告の種類

macbook-624707_1280

TiKTokの広告の出稿を考えている方のためにTikTokの広告の種類をご紹介します。

広告キャンペーンは飲食関係が今の所相性が良いですね。ユーザーが美味しいお店を探すためのハッシュタグ「#TikTokグルメ」を推してるからという背景がありますが、

その他業界でも大きな効果があります。1日で利用できる会社に制限があるので広告を出稿するだけで多くのインプレッションを期待することができます。ただ広告費は高いので注意が必要です。

・起動画面広告
・インフィード広告
・#チャレンジ(ハッシュタグチャレンジ)広告

とあるので順にご説明します。

起動画面広告

起動した時に画面に流れる広告です。起動した際に再生されるのでほとんどの人が目に止まることができます。

1日1社限定:600万円

インフィード広告

TikTokの動画再生中に画面に流れてくれる広告です。期間やインプレッションによっても価格が変化します。

<One Day Max(期間保証型広告)>
1日1社限定:770万円
<Brand Premium(imp保証型広告)>
1日4社限定50万〜350万円

#チャレンジ(ハッシュタグチャレンジ)広告

ここがTikTokで一番特徴を発揮する広告ではないでしょうか?
#チェレンジ広告とは、お題のハッシュタグを用意して手順に沿ってユーザーに動画を作成して拡散してもらえる広告です。

ハッシュタグを使用して指定したお題を拡散することが可能です。

4・5日で数百万回再生
600万円〜2000万円(期間によって変化)

TikTok運用代行の注意点

TikTokの注意点としては、TikTokerを活用しての特定の商品の宣伝を禁止している点です。TikTokポリシーとして禁止しているため、Instagramerに投稿してもらうような特定の商品PR投稿できません。ステマ禁止ってことですね。違反をすると罰則があるので注意しましょう。

また広告の配信は以下のジャンルは禁止されています。

・ギャンブル(パチンコ屋など)、風俗
・動画系/ライブ配信系アプリ
・ソーシャルアプリ
・マッチングアプリ
・動画撮影アプリ
・アダルト、アダルト関連の出版物
・医療機構(整形外科など)
・医薬品
・サプリメント
・医療機器
・ゲーム
・金融サービス
・芸能事務所や音楽関連のアプリなどを宣伝するコンテンツ
・アルコール、タバコ

TikTok 運用代行会社まとめ

今や若者に大きな指示を集めるTikTok。スマホを持っているからこそ簡単に15秒でみることのできる手軽さが人気です。

まだTikTokを活用している企業は少ないので先手を打ってPRしてみるのはいかがでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました